はるどりブログ 「オレの親友に似てる」

毎度お馴染みのクソブログです。めんどくさい理屈っぽいおっさんの愚痴を読んだら興奮する変態は是非読んだ方がいいと思います。それ以外のパンピーは回れ右

【ニューアルバムについて】傷つけたり、悩ませるかもしれない。それでも本気で向き合いたい

はい!というわけで!

 

はるどりセカンドアルバム

「この目に映る空の青」

リリースされました!!!

f:id:harudoriblog:20201201123852j:image

ダウンロード、サブスクはこちら!

この目に映る君の青 by はるどり - TuneCore Japan

 

このクソブログでグチを

ダラダラ書き散らしてるあいだも

はるちゃんはシコシコ

アルバム作ってたんだよ

ダラシコダラシコ

ダラシコしてたわ(ナニソレ)

 

それなのに

音楽作ってる素振りは微塵も見せずに

ここでは八つ当たりのような

吐露ばかりしていたね

そんなはるちゃんも愛らし…(ナニコレ)

 

 

リリースからもう2週間以上

経過したこの頃ですが

今日はおれの可愛い子供たちの

紹介をさせてくれよ!

 

------------

 

このアルバムの全体像が

プリプロでだいたい見えてきた8月頃の話

(ちなみにプリプロってなに?って読者がほとんどやと思うからざっくり説明すると、レコーディングの下書きみたいなもんと思ってくれ)

はるちゃんは思った

 

「こんな作品が世に出たら、凄いことになっちゃうんじゃないか?!」

 

ああ、うん、いいんだ、↑に関しては

この世界の9割くらいの芸術家たちは

自分の作品をそう思っているので

そんなに重く受け止めないでくれ

いいから。気にしなくて。

お前の作品で世の中すごいことになったことは一度も無いしこれからも無い

とか言わなくていいから!ヤメロバカ!しばくぞ!(被害妄想)

 

なんの話だっけ

 

 

まぁ、ね、そう思ったんだ

 

f:id:harudoriblog:20201201123911j:image

前作「悲しいくらいわかってしまうよ」

が、

これがはるどりです!

だとしたら

 

 

今作「この目に映る〜」

これぞはるどりです!

と言いたい作品

 

 

とことん自分語りになっちゃうけどさ

もーちょい付き合って?

 

ぼくの人生を変えた作品

切り拓いてくれた作品って

これまでもたくさんあったんだけど

そんな時に胸の内にあったのは

いつも「怒り」だったんだ

 

そう、仲間によく言われてきた

はるちゃんと言えば

いつも何かに怒ってる、ってさ

 

これはずっと悪い意味で捉えてきたし

仲間たちも良くない意味で言ってただろうと思うんだよ

だからさ、直したんだよ

 

アキドリが解散になって

ひとりぼっちになって

「ぼくは“良い人間”にならないと、誰にも大切にしてもらえない」って

圧倒的な危機感があった

 

マイナスの言葉や悪口を

口に出さないだけでなく

自分の脳内からも排除した

全ての出会いを噛み締めて

全ての人に対して

善き自分自身であろうとした

社会人としても、強く優しく

どんなクライアントさんにも

真心のこもったサービスを提供しようと

本当に必死で、自分を変えた

 

そんな中で出来上がっていったのが

前作「悲しいくらい〜」の作品たちだった

ぼくの愛する人やものや景色

その「美しさ」と

別れ際の「切なさ」

それらの表現に全力を注いだ作品

誰にでも愛されるように丁寧に紡ぎ

誰も傷つけないように柔らかい布で包んだ

 

一言で言えば

「きれいなジャイアン

である笑

 

 

前作リリースが今年の3月

それから今回のセカンドも同じノリで

作ろうと思ってたんだけど

ここでコロナショックが来たんよね

誰とも会わない、外出自粛…

これが想定外にストレスだったのは

たくさんの人がそうだよね

 

 

そのストレスに耐えかねて

ここのブログに愚痴と怒りをオブラート無しで垂れ流し始めたんだけど

それが思いの外、注目してもらえて

なんか、

「泣きながら読みました」

とかいう変わり者もいたりして

 

 

思った

「え、なに、好きにやっていいの?」

 

喜怒哀楽の、怒

 

きっとその水道のバルブを

固く固く閉めていた

だれにも嫌われたくなくて

もう二度と一人ぼっちになりたくなくて

クソブログを書くまで全く気づかなかった

いつのまにかぼくの表現は

誰も傷つけないかもしれないけど、誰にも届かない

履いて捨てるほどありふれた

綺麗事になっていたかもしれないこと

 

思い出したんだよ

これまでの人生で

誰かを傷つけた言葉も

誰かをもしかしたら救えた言葉も

いつだって「怒」が原点だった

 

 

さっき、綺麗なジャイアン、って言うたけど

 

意地悪で乱暴な面をなくしたのが

綺麗なジャイアン

 

でもな、

意地悪さには感情の豊かさが内包されてて

それゆえに情に熱くて仲間思いなわけだし

 

乱暴さには恵まれたパワーや若いエネルギーが凝縮されてて

力の使い所が分かればものすごい世の役に立つ人になれるかもしれない

 

悪いところを失くすのが、

必ずしも良くなるだけ、とは限らないよね

 

 

ぼくの「怒」の感情が

何か役に立つかなんて知らんけど

捨てることはないんじゃないかなって

だってぼくは弁が立つし

自由業ゆえに世の中のしがらみにも

そんなに囚われてない

 

優しい誰かが言いたくても

言えないようなことを

代わりに言うくらいは

できるかもしれん

 

 

 

今回のアルバムは一言で言うと

「本来のジャイアン

(何故ジャイアンで例えてしまったんだろう)

 

 

乱暴なサウンドも表現も

たくさんあると思う

もしかしたらあなたを傷つけたり

深刻に悩ませるかもしれない

けれども

今回はおれ、素っ裸だから

一緒に悩むくらいはきっと

できると思うんだよ

 

 

 

今作のリード曲はふたつ

 

アルバムの冒頭「ライフゴーズオン」

そして最後「大停電の夜」

この二曲だけでも聴いてね!

 

どちらも、たかがエンタメで

聴く人を傷つける覚悟で書いた

ぼくの本気のアート

作詞作曲から、編曲ミックスも

全てをぼくが担当した

 

細部にまで意志を詰め込んだ

是非、耳を澄ましてくれたら嬉しいです

 

 

 

とはいえ、とはいえね

ほら、ぼくって、昔から

バチクソ良い曲作るやん?

今作もしっかり全曲

気持ちよく聴けるアルバムに仕上がってるので

上に書いたようなことは忘れて

のんびり聴いてもらえるのも最高に嬉しいよ

ということで

お待たせしました!

超自信作です!

 

この目に映る君の青 by はるどり - TuneCore Japan