はるどりブログ 「オレの親友に似てる」

毎度お馴染みのクソブログです。めんどくさい理屈っぽいおっさんの愚痴を読んだら興奮する変態は是非読んだ方がいいと思います。それ以外のパンピーは回れ右

【今日の大好き#58 それは弱さじゃない】

f:id:harudoriblog:20181128230826j:image

こないだのぼくの投稿

アーティスト・クリエイターの方

おれと組まないか⁉️

について

今までからすると

コメントやDMで反応をいただき

めっちゃ嬉しかった‼️

ありがとうございます‼️

「楽しそう‼️」

「やろう‼️」

「一度話したい‼️」

「自分にもできることはないか?」

…いやぁ

ドキドキしたっ‼️

これを求めてた‼️

ぼくは 昔から

自分の発信するもの、作品に対し

それを受け取ってくれた人からの感想とかコメントが

少なすぎることが悩みでした

その原因もはっきりと分かっていて

ぼくの作品、発信には“ツッコミどころがない”

ううっ‼️

自分自身にナイフを突き立てる行為だっ‼️

つらっ‼️

続けます‼️

幼少期から変わらぬ高すぎるプライド

ぼくの人生の宿敵とも言えるコイツです

自分自身の 恥を嫌い 弱さを嫌い 人の目ばかり気にしやがる

ぼくも30越えて

コイツとそこそこの真っ向勝負を出来るようにはなってきて

めちゃくちゃ人生はおもしろくなってきたし

自分自身の爆発的な人間的成長も感じられる

がしかし

肝心の作品であったりとかになると

昔っから染み付いたカッコつけたがり病が発症して

コイツのことを まだじつは倒せずに居るんだ

恥かきついでに言いますけど

つい先日アップした

「恋がしたい」

あの曲と詞ね

カッコつけたがる自分と

“過去最大の真っ向勝負”

をしながら書いたんです

でもさ

三者から見たら

「はるどりらしい わりといい曲」

の範疇は出ません

分かってる‼️みなまで言うな‼️

分かってて出したんだ‼️

アーーーー‼️

さて本題ですけど

そんなぼくの発信にしては珍しく

先日の投稿には読んでくれた人から 明確にリアクションがありました

その中の一人 

ぼくの大好きなドラマーの一人「きょーちゃん」と

昨日 7年ぶりくらいに会って話しました

あれを読んで どう思った?

と率直に聞くと 彼は答えました

『今までもはるどりさんのSNSの記事は楽しく読んでたんですよ

でも今回のやつは今までと違って“初めてはるどりさんが頼ってくれた”って感じしました』

これはすげえぞ

彼の鋭い感性に脱毛…じゃなくて脱帽でした

そうか そうだった

至極 当たり前のことだけど

頼られると 人は嬉しくなっちゃうんだ

頼るということは

弱さや恥を晒すことでは 決してなかった

むしろ逆だよ

これほど嬉しい事実はないよ‼️

うまく言えないけど‼️

こんだけ長文書いといて‼️

あはは‼️

アーティストさん、クリエイターさんとの

コラボレーション計画

今 計画練ってます

チグハグな部分を消すことより

本気で面白いと思うものを

精一杯提案します

出来上がったらまたご意見ください‼️