はるどりブログ 「オレの親友に似てる」

毎度お馴染みのクソブログです。めんどくさい理屈っぽいおっさんの愚痴を読んだら興奮する変態は是非読んだ方がいいと思います。それ以外のパンピーは回れ右

ぜんぶまるごと

引越しから約10日。

はるどり、げんきですよーーーーー!!!
めりくりーーーーーーー!!!!!

f:id:harudoriblog:20171224142544j:plain

↑使い勝手の良さそうな一枚です笑 (photo by yamboo)

 

 

東京暮らしはどうだい?

と会う人会う人に聞かれますんで、ここでも書きますが

 

家賃高い

部屋狭い

ジモティー!!!

 

という状態です笑

 

いやね、

大阪にいた頃はね、

生意気にも12畳くらいの1DK、ちょっと広い部屋に住んでたんですよ。

 

ほんで、引っ越すとなって、

絶対スペース足りない

これは分かっていたことでして。

 

だから、引越し直前に、山口の実家めがけてエグい量の荷物を着払いで送りつけ、

「大量の荷物がいきます!あと着払いでスンマセン!」

とメールを両親にぶん投げ苦笑を買ったんですけども、(いや本当ごめんなさい)

 

まー、全然ダメでした。

ぜんっぜん入らない。

12畳くらいの部屋から6畳の部屋へ。

これは大変なことです。みんな気をつけて。

それなのに家賃は大阪時代よりガツンと上乗せです。たけー!!!!

もう無理、田舎住みたいw

 

 

とかホームシックになってる時(なってない)、友達に教えてもらったのが「ジモティー」。

ジモティーがどういうものかはググっていただくとして、
まー、便利ですね。
要らないものが次々ともらってもらえる。
買ってもらえたりもするし、それが新しい家具の足しにもなってる。
変なやつもいっぱいいますけど!
女性は利用に気をつけてね。自宅晒しちゃダメよ。

 

そんなこんなで・・・

f:id:harudoriblog:20171224140047j:plain

整ってきました!

うおおおお、、、すてき。

 

 

なんかね、狭い部屋に住むの、悪いことばっかじゃなくて。よかったこととしては、

 

◎頭を使って部屋を作るので、愛着がわく!
考えるべきは1にも2にも収納です。ぼくが一番目から鱗だったのは、「平面で考えれば狭いスペースも、立体で考えれば2倍3倍にもなる」ということでした。都会に3階建ての一軒家が多いですが、ほんまそういうことやなと。広い部屋で豊かにスペースを使うのも楽しいけど、狭い部屋と限られたスペースをカスタマイズするのもなかなか冒険心くすぐられます。

 

◎エアコンの効きが段違い(すぐあったまるよ!!!)
やばいっす。ソッコーであったまる。6畳最高。

 

◎ものが減らせる
断捨離せざるをえません。必要に迫られると、まだまだ捨てられたんだなと思う。断捨離をするのは、自分の核心と向き合っているような感覚さえある。ぼくに本当に必要なものはなんなのか?!そういうことなんだよ!きっとね!(?)

 

 

 

■人生の目的を思う

さてさて、人に聞かれた時は、うまく言葉にできなくて言ってないんですけど、東京に引っ越してよかったな、って毎日思ってる。思った通りだった。理屈じゃなく、今の俺には必要な行動だったと思う。

狭い部屋の収納に頭を使うことだって、東京じゃなきゃありえなかった。他県だったらもっと安くて広い部屋はいくらでもあるもんね。

上の写真のシェルフ(棚)は、横浜のIKEAまで車で行って買ってきたんですが、これも「タイムズカーシェア」「都会でのドライブ」「IKEA」初体験づくしだった。

東京の馴染みのハコに、終電過ぎまで入り浸ったのも初めてだし、
そこここの店長とたくさん話したのも。

 

東京の世話になってるプロダクションの忘年会に参加できたのも。
f:id:harudoriblog:20171224140135j:plain

 

インターネット開通でオプション地獄に見舞われるのも
f:id:harudoriblog:20171224152546j:plain

知らない街をチャリで疾走するのはいうまでもなく刺激的で
f:id:harudoriblog:20171224152501j:plain

ネット全盛の時代。
わざわざ都会へ移り住むメリットがわからない・・・と、
大阪で何度か言われました。

 

こないだ林先生がテレビで言ってたんですけど、

「今の時代、本屋に行かずにネットで目的の本に直接アクセスして、購入できる。本屋に行くと、目的の本を探す間に、別の気になる本とかも目に入って、それも買っちゃったりする。その寄り道、余剰、それが『知』なんですよ

 

現代は無駄を省ける世の中になっている。

意味のないことはやらない、そんな人が増えている。ぼくだってそうだった。

ぼくはずっと、自分が見ることのできる世界の狭さが嫌だった。退屈だった。窮屈だった。

自分を変えるきっかけを探し続けて、それは意外と単純なところにあると去年わかった。

「他人と関わる」ということ。もっというと「他人が大切にしているものを、自分も体験してみる」こと。に尽きる。

それは劇的に、視界を広げてくれた。好きな人やものが多くなって、友達も増えた。

きっと少し前の自分なら、「仕事と関係ない人と会ったり話したりする時間は無駄。そんな暇あるなら曲作れ、ストリートしろ」と思っていたと思う。

 

 

そうじゃないよね。

やっぱり何もかも、体験することこそが価値なんだと思う。

 

 

「音楽で売れるには東京に行かなきゃ」という時代ではない。

だけど、

「売れてる人は東京に集中してる」のは間違いない。

ぼくが目指す人たちが、

何を見て何を感じ何をしているのか、

 

見に、来た。

 

 

 

 

 

■12/16 『HAMA Fes.~繋がった 繋がりを 繋げて~supported by 平原食堂』

f:id:harudoriblog:20171224140204j:plain

Facebookより〜

ワンマン以来のライブは、東京引越し翌日!
個人的には、メッセンジャーリリースから一年という節目で、ジャパンフォーク時代の仲間と歌うことや、なんとかこの一年、自分との約束を守り続けたということで、勝手に思いのこもってしまうようなライブになりました。

初めて会った橋本優紀くん、なんだかまさしく20代という感じのギラギラした野心に満ちていて、自分の中の野生もくすぐってくれました笑 負けらんねーな!

Icchieは超絶進化していてびびったし、
篠木晋也のタイムレスな楽曲と雰囲気は僕らの青春を呼び覚ますものでした。

ちなみに主催のハマさんは写真の中央、僕と顔がクリソツの人です。
ハマさんありがとうございました!

 

SET LIST

1.まいにち
2.チャームポイント
3.ジュビリー
4.smile
5.あふれだす
6.メッセンジャー

 

平原食堂のインスタバエ抜群バンバンジー
f:id:harudoriblog:20171224140219j:plain

関西の仲間、てふちゃんにも会えた! 
f:id:harudoriblog:20171224140157j:plain

 

「おれ、売れたいですから。来年も頑張ります」

 

というMCをした。

終演後、水野店長が
「はるさん、また出てくださいね。うちは売れるとかに直結するハコじゃないけど、できる限りの事はしますんで」と言ってくれて

ああ!それは誤解なんだよーーー!と思った。思ってる。

 

ロクドゴブはね、いつだってやれる限りの事をしてくれてるよ。

やれてないのは、ぼくだ。

つまるところは演者自身の集客力、発信力であり、価値であり。

それを受け止め受け入れ、発する手伝いをするのがハコなんだ。

 

 

 

■12/19 板橋ファイト! 【チョモ La パラダイス vol.31】

f:id:harudoriblog:20171224152919j:plain

SET LIST

1.そばにいてbaby
2.チャームポイント
3.メッセンジャー
4.まいにち
5.あふれだす
6.smile

 

悔しさばかりが残ったライブだ。
チョモパラリベンジしたい!
先輩におんぶに抱っこじゃダメなんだ!

チョモくん、いつもありがとう。

 

 

 

■■■information■■■

 

■1月8日(月・祝) 山口宇部 イシイバレエ スタジオ
【UH! BABY LIVE】
開場18:00/開演18:30
前売2500円/当日3000円(1ドリンク付)
出演:
はるどり (「Uh! baby」作詞・作曲・編曲・歌)
頼田悠季 (「アニマルダンス」作詞作曲)
アオイロ*クオリア (「アニマルダンス」編曲・歌)
tap's (UBEダンス・プロジェクトリーダー所属)


■1月31日(水) 東京新井薬師前 ナカノステレオ
【ナカノステレオpresents「Nステ#3」】
開場18:30/開演19:00
2000円(ドリンク別)
出演:
はるどり/宮川鉄平/安藤匠/千年弘高/and more