大阪、はじまりのスリーデイズ①

大阪スリーデイズ、歌ってきました。

ツーデイズが急遽スリーデイズに。

 

 

 

1月12日 京橋セブンデイズ ブッキングライブ

 

SET LIST

1.まごころ

2.飛行機雲

3.ミュージック

4.メッセンジャー

5.あふれだす

f:id:harudoriblog:20170117004636j:plain

 

1月13日 かつおの遊び場 キタムラリョウ・815ツーマンライブ OA

 

SET LIST

1.飛行機雲

2.ジュビリー

3.メッセンジャー

4.あふれだす

f:id:harudoriblog:20170117004239j:plain

 

1月15日 伊丹WADO キタムラリョウ・815ツーマンライブ OA(急遽参戦!)

 

SET LIST

1.まごころ

2.ミュージック

3.あふれだす

 

ex.メッセンジャー

f:id:harudoriblog:20170117004050j:plain

 

お越しいただいた皆さん、ありがとう!

 

ミュージシャン、リスナー、マスター・スタッフ

目の前に、届けたい人が一人でもいるってこと。

それは目の前に一万人いるのと価値は変わらない。すごさは変わらないのだ。

 

 

 

セブンデイズ。4年振りに立った。移転後は初。

アキドリファンの方とも次々に再会。一人一人にハグして回りたいくらい、心が開いてたまらなかった。もっともっと、届けていくよ!

f:id:harudoriblog:20170117004233j:plain

 

セブンデイズといえばハンバーガー。4年振りに食った。毎日食べたい。

f:id:harudoriblog:20170117004616j:plain

 

もっかい貼るけど出演者、右からmichikaさん、真下梓さん、由里美奈さん、長島寛くん、そして大阪が誇るカリスマブッキングマネージャー、よっくん。なぜか主役みたいな位置にいるのがぼく。なぜかここに来いと言われた。いえーい

f:id:harudoriblog:20170117004636j:plain

 

久しぶりにセブンデイズに出たわけはたくさんあって、中でもやはり、アキドリ創世記時からずーーーっと愛してくれている、僕の大好きなよっくんとステージで再会したかった。飲みの付き合いはあったけど、こうして現場でガチで向き合うのは久しぶりだった。

 

熱く熱く音楽談義を交わし、たくさんアドバイスももらった。

何の謙遜もなく、僕はシンガーソングライター一年生である。お客様には今出来る最高のものを届けるが、学ぶべきこと、やるべきことは山積みのツミツミでありますから。だからこそ、

「よっくん、僕どうでしたか?」

となんのためらいもなく、飛び込んでいけるのは、長年の信頼関係あってこそである。一年生だけど、伊達におっさんじゃないわけでw

 

よっくんと同様、よっくんが呼ぶアーティストのことも、僕は信用している。

とってもいい日だった!みんなともっと話したいよ。終電という縛りがなければ。どこにだってチャリで行けたらいいのにねー。

 

 

 

ひとまず今日はここまで。

続きは明日か明後日!

メッセンジャー【メッセンジャー全曲解説⑤】

f:id:harudoriblog:20170109161050p:plain

 

『ああ、今日も、君は綺麗だ!』

 

この曲ができた日のことは今でも鮮明に覚えてます。

なんにもなくなった梅雨の日。無心に、無感情に、ただただあてどなく曲を書き続けていた頃でした。

培ったテクニックを駆使して作る曲は、どれもこれもよく言えばどっかで流れてそうな。悪く言えば誰でも作れるような凡庸なものばかり。どんどん気を落としながら、これが俺が学んだ商業音楽だ!と自分をごまかし続けるように。今思うと、ひたすら絶望していたのだと思います。

無力な自分に、夢も希望もなくなった音楽に。


その日できた数曲を、夕食を食べながらプレイバック。
「ボツ」「保留」「OK」を振り分けていきます。
愛着も愛情もなく、客観的な取捨選択。それはそれで、プロとしては必要な目線だけど。
そんな中でこの曲は、なんとなく「どれとも違う」空気がありました。

たぶんそれは、僕が久しぶりに味わう「この曲好きだ」の感覚だったのだと思います。

 

夕食後は基本的におとなしく寝るんですけど、その日はそのまま、この曲のアレンジ、作詞に取り掛かりました。
「この曲でならもしかして、本当のことを言えるかもしれない」
気持ちの高ぶりを素直に、音や言葉に乗せて、明け方まで夢中で書く。

 

孤独、不安、後悔、悲しみ、絶望、
愛情、友情、外の景色、大切な人たちの言葉、ぬくもり。

「ああ、今日も君は綺麗だ」
僕を支えてくれた、僕に寄り添ってくれた、僕を応援してくれた、好きになってくれた、たくさんの人たちの顔。
そして一人、僕が恋をしている女の子のまぶしい笑顔が浮かんでいた。

穏やかで幸せな日々も、突き刺すような後悔の日々も、
どんな時でも、心に音楽が鳴っていた。
誰のものでもない、僕だけの。
それを誰かに精一杯伝えた時の、最高の空の青。

 

 

------------
悔やんだ日々のかけらを 拾い集めよう
たまには遠回りして ふざけたりしながら
時は 夢のように過ぎてゆく
さよならもちゃんと言えないまま
それでも今を 美しい今を
明日に向かう君へ

------------

 

 

息もできない暗闇の中で留まっていた、想いが次々とあふれて。
書き上げた歌詞を、朝日の中で口ずさみながら、たくさん泣いた。


俺だ。俺しかいない。
この瞳に映る最高の空を、誰かに伝えられるのは。
俺しかいない。
大切な人に、大切だと、大好きだと伝えられるのは。
俺しかいない。
君が居るだけでどれだけ救われたかって、こんなに大きな「ありがとう」を伝えられるのは。

 

心の中で、忘れていた全てを取り戻していくような感覚。

タイトルは「メッセンジャー」。

僕が音楽をやる、理由そのもの。

眠りについて目覚める頃には、
昨日までの絶望が嘘のように、心は光に満ちて。

 

もう何も、心配はいらない。


メロディーを紡ぐ声に、
伴奏を鳴らすギターに、
キーボードを打ち込む指に、
希望が、愛が宿る。


僕はメッセンジャー

音楽に、人の心を救う力があるということを、誰よりも知っているから。

この景色を、君にも見せたくて。
この想いを、君に伝えたくて。

ただ精一杯で、歌うんだ。

 

 

harudoriblog.hatenablog.com

harudoriblog.hatenablog.com

harudoriblog.hatenablog.com

harudoriblog.hatenablog.com

harudoriblog.hatenablog.com

名古屋の旅

というわけで、1月6日。僕の歌い初めにして、メッセンジャーリリースツアー初日。


名古屋はハートランドにて「夕焼けGIG」でございました。
ご来場いただいた皆さん、
共演者の皆さん、
ハートランド・スペードボックススタッフの皆さん、
ありがとうございました♪

f:id:harudoriblog:20170108212803j:plain

 

関西では年末からちょいちょいと歌ってたけど、名古屋で歌うのはアキドリ含めても多分2、3年ぶりくらいかな。単純に久しぶりな上に、ソロになったもんで、いろんなドキドキがありました。
その間に、アキドリの時散々世話になってきたライブハウス「ハートランド」は、伏見から新栄のおしゃれビルに移転しておりました。

でも、スタッフさんは昔馴染みの方もたくさんいて、新しい方も含めいつも通りアットホームで、しかもめちゃくちゃ仕事できる、これだからハーランは最高なんだよな。音響も照明も、お客様だけでなく出演者への配慮まで、本当に素晴らしい。ここをパンパンにするようなライブやりたいな!って気持ちになる。最高だ。

 

ハーランのステージ。楽しくて楽しくて。
名古屋で、また歌を届けられることが嬉しくてたまらんかった。
それで、歌う度に、もっとこうしたいが増えていくんよね。

たのしい。もっと深くまで。もっと広くまで。やることいっぱいだ。

------------
SET LIST

1.飛行機雲
2.ジュビリー
3.メッセンジャー
4.あふれだす
------------

 

この日きっかけを作ってくれたのは「曲がる」
theSing2YOUという、名古屋のヒーローのごとき男女ユニットをやっていた、ジャパンフォーク時代の盟友です。
アキドリやってる頃、男女ユニットってあんまり周りにいなかったんですけど、シングには初見で度肝を抜かれて。で、向こうもおんなじようにすっごくリスペクトしてくれてて。何度も何度も音を交わしました。
シングの休止、アキドリの解散後、名古屋でまず一緒に歌いたかったのは、僕と同じ男の片割れ、さとしくんこと「曲がる」です。
いつもいつでも、自分の信念と軸を強く心に持っている、本当に尊敬している男であり、素晴らしい才能を持ったミュージシャン。

彼が自分のステージのとき、僕の名前を歌ってくれたり、僕への応援歌のように歌ってくれたり、彼らしくちょっとひねくれつつも(笑)すごく熱くて、まっすぐなメッセージが胸に届いた。

これからもずっと一生、歌や言葉を交わし合っていたい。改めてそう思いました。

 

「ザ・カレーが食べたいズ」さん。ライブもやるしカレー屋もやる、すげー興味を惹かれたけどカレー屋の開店であまり話せなかったw カレー屋きっと歌いに行くぞ。

ORANCHE」さん。女性4人コーラスグループ。ハーモニー綺麗だった〜。そしておそろしくトークが上手だった。「チラシの裏側に、昔から消し忘れた《生年月日》というものが載ってます」がツボでした。w

「渡部裕也」さん。渡部さんとも古い付き合い。良い話をたくさん聞けた。超絶ギターのひとかけらでも技を盗みたくて、楽屋でしつこく質問しまくりました。大切なものの話をする渡部さんの顔が本当に素敵だった。

「Mica」さん。セッションリハの時から、すごく優しくてお茶目で温かく、現場を照らしてくれました。もっと話してみたかった。「素敵な曲をつくるんですね!純粋で心洗われました」と言ってくれた。「純粋しか取り柄がないので(笑)」と言うと「すごいことを言いますね!」なんて会話が残ってる。

「うすいまさたろう」さん。シングの二人からずっと名前を聞いてて、ジャパンフォークでの共演もあったけど、ちゃんと出会って話して、ライブを見るのは初めてだった。心にドオオン!と飛び込んできた。なんてハートフルな人だ!あんな歌もいつか歌いたい。

「ミチコロンブス」さん。みちこさんとも長く顔見知りだ。この日はちょっとつかれてたのかなー。

「大島圭太」さん。石川在住ですが、名古屋ミュージックの重鎮、と言って良いでしょう。圧巻の説得力である。圭太さんとも久しぶりだし、アキドリ時代は僕も肩肘と虚勢を張ってた。ようやくちゃんと言葉を交わせた気がする。MCで言ってた。
「毎日どっかで歌って暮らしてるんですけど、たまに言われるんですね『お前、よく歌で生きていけるな、まともな職についたほうが良いんじゃないか』って。でもねぇ、人間、土食ったって、最悪生きていけるわけじゃないですか。だからねぇ、そう聞かれても『ちょっと僕、よくわかんないです』としか返せないんですよね。歌うことが、僕にとっては生きることなんで」
なんだかすげぇ話だ、と思った。忘れない。

 

 


僕がこれから、ブッキングライブという場で大事にしていきたいのは、
自分の最高の歌をライブを、リスナーのみんなに届けることはもちろんだけど、
ミュージシャン、ライブハウスとの絆を、ちゃんと深めていきたい!って思っていて。

いや、どっちも言うまでもないことなんだけどさ、
今はより強く強く、そう思ってる。
で、きっとそれが、まだうまく言えないけど最終的に「最強のオレ」につながっていくと思うんですよね(頭わるそうw)


そんな気持ちでもって、一個一個ライブを決めていくので!
ひとつとして損はさせないし、ひとつひとつを自分のステージを上げるための礎にする。
ぜひ、ついてきて。そして体感してください。

良い歌を歌うのなんてミュージシャンなら当たり前だ。
すべては世界を感動させるため、
僕はミュージシャンたちと語り高め合い、人と音楽と真剣に向き合っていくよ。

 

 

ハーラン、移転後初来訪。迷子になりました。(方向音痴)

f:id:harudoriblog:20170108212811j:plain

 

打ち上げといえばここ!なんですけど、地元ミュージシャン的には「味仙たけーからな。ツアーミュージシャンが台湾ラーメン食べたいって言った時くらいかな!もてなしだよもてなしw」

f:id:harudoriblog:20170108212721j:plain

 

台湾ラーメン。うまいよ。台湾あんまり関係ないよ。

f:id:harudoriblog:20170108212744j:plain

 

曲がる家に宿泊。朝目覚めると、そこには奥さんからの温もりが。おじさん泣いちゃうよ。

f:id:harudoriblog:20170108212657j:plain

 

次の日、一日とどまり友達の家に突撃。

赤ちゃんかわいい。家族って良いな。ちょっと結婚したくなった。相手いないけど。

f:id:harudoriblog:20170108212613j:plain

 

ごあいさつ・の・はじまり

皆様、新年あけましておめでとうございます!

地元・山口から、根城・大阪まで戻ってまいりました。

明日からライブが始まる!

フォオオオオ・・・がんばるぞ!

 

 

宇部重要文化財に認定(僕の中で)された、ラーメン・一久。

なぜこんなに美味いのでしょう。神の創りたもうた味です(言い過ぎ)

5日間で3杯食べました。山口県宇部市に立ち寄る際はぜひ。

f:id:harudoriblog:20170105184151j:plain

 

 「はるどり」の名前の由来②の、愛犬ドリー。(ハルは他界しとります。)

12歳のおばーちゃん犬ですけど、かわいい妹です。

玄関に上がっていいなんて一言も言ってないんだけどね。

よくう○こを食すので、なるべく顔などを舐められないようにしてます。

f:id:harudoriblog:20170105184232j:plain

 

母校の幼稚園。やばいくらい変わってなかった。あの、右手の大きな教室で、母が迎えに来るのを待ってたのです。

f:id:harudoriblog:20170105185651j:plain

 

山口県といえば、の一つ「湯田温泉」。

高校からの親友に会いに行きました。CDも買ってくれてね。

湯田温泉の街には足湯がめちゃあるんですけど、「足湯カフェ」というのを見つけました。これは流行る。

f:id:harudoriblog:20170105184221j:plain

f:id:harudoriblog:20170105184307j:plain

 

 

山口県といえば、のエース「獺祭」

正月だもの、これくらいするぜ!(中身ほとんどなかった)

f:id:harudoriblog:20170105185636j:plain

 

 

たくさんの波を越えて、
今一度、音楽を始めたばかりの気持ちを取り戻したような昨年でした。

これは本当にでかいんだ。
本当にすげーんだ。
俺は本物(の、バカ)だったんだ、
と気付けたわけです。


こわいもの、だいぶなくなりました。
だって、どれだけのことがあっても、僕の中で絶対変わらなかったものに気付けたから。

 

今度はこいつを引っさげて、みんなの心に会いに行くだけだ。


僕はやっぱり、プロのミュージシャンであることに素晴らしい価値を感じる。
だって僕、自分だけが楽しければいいわけじゃないんだ。
高校の時、初めて自分の歌で人が盛り上がったあの日から、
自分だけが楽しいくらいじゃまったく満足できない。

僕の歌は人に聴かせるためにあります。
君の心を震わせるためにあります。
誰かの心を、回り回って僕自身の心を、救い、抱きしめ、奮い立たせるためにあります。
その先には必ず、
「対価以上の価値を持った歌」
が生まれると思う。

商業音楽か、地下音楽かなんてまったく関係なくて、
僕の歌は、僕が居なければ意味がないし、君が居なければ意味がない。


そりゃ、タダでだって作れる。でもさ、
もっともっと素晴らしい歌を作れるんだ。君に素晴らしい歌を届けたい。そのために時間とお金を費やすんだ。そのためにミュージシャンはがんばるんだ。

それがプロとアマの違いだ、僕の中では。

 

 


何が言いたいかと言うと、
アルバム「メッセンジャー」、めちゃくちゃ頑張って作った。これ以上のもんは今は出来ん。だからぜひ聴いてほしいんだ。

はるどりライブ、一人の前だろうが一万人の前だろうが、最高を届ける。いつでも「これ以上のライブは今は出来ん」を届けるよ。

そして、「これ以上が出来ん」のも今だけだ。その先にはもっともっともっと、良いものを届ける。
ここは俺の死に場所じゃない。
まだまだ、ずーーーっと先だし、
ずーーーっと高い場所だ。

 

作曲家としても同じ。
とにかく、「俺はこんなもんじゃない」ですから。

 


次に会う時は、いつだって、
僕史上最高の歌を届けるよ。
だからあなた史上最高の拍手をください。
そして、僕ら史上最高の握手を交わそう。

 


やっちゃるけえの。見ちょって!
今年もよろしくお願いします!

 

 

 

↓ライブ、是非聴きに来て!!

harudoriblog.hatenablog.com

ライブインフォメーション・2017年1月

*ご来場される場合、ご予約をお勧めします◎(「前売」表記がある場合、予約なしでのご来場は当日料金となります)

 

*ライブの予約期限は、特に表記がない場合は「前日の23:59まで」とさせていただきます◎(予約漏れを防ぐため)

 

*新年とともに、僕の第一歩となるツアーが始まります。ぜひ来て欲しい!よろしくね!

 

 

■1月6日(金) 名古屋・新栄 ハートランドスタジオ

【夕焼けGIG】
開場 17:00 / 開演 18:00
料金:前売2000円 / 当日2500円 (ドリンク別)
出演: はるどり / 大島圭太 / うすいまさたろう / ザ・カレーが食べたいズ / 曲がる / Mica / ORANCHE / ...

◎リリースツアー名古屋編。一応年明けからツアー本番です。旧知の仲間「曲がる」に、名古屋で一緒にやりたい、と言ったら、面白そうなイベントに共に参加することになりました。曲がると一緒に歌えるし、久しぶりに大島さんやうすいさんといった名古屋ミュージックを支える先輩たちにお会いできるのも嬉しい。初めましての方も楽しみだな。再会も出会いも、いつかのようにここで。

 

■1月12日(木) 大阪・京橋セブンデイズ
【FOER ROSES FINE OLD】
開場18:30 / 開演19:00
料金:前売2300円 / 当日2800円(ドリンク別)
出演:はるどり(20:45〜出演予定) / 真下梓 / 由里美奈 / michika / 長島寛

◎はるどり始動後初めての大阪ライブはこれ。ずっとそのつもりですが、リリースツアーと言いつつ、CDにない曲もジャンジャンやります。次の制作に向けての助走はもう始まっているのだ。お酒が美味いセブンデイズで、胸いっぱいのライブを!

 

■1月13日(金) 大阪・道頓堀 かつおの遊び場
【ぶらぶらツアー-大阪編-(キタムラリョウ・815ツーマンライブ)】
開場19:00 / 開演19:30
料金:2000円(ドリンク別)
出演:キタムラリョウ / 815-ハチイチゴ- / はるどり(O.A)

◎僕にとってかけがえのない仲間、友達である二組の、ツーマンライブがあるのは知ってた。HPオープンの後、りょうちんからLINEが「815とわしのツアー大阪編なんじゃけど、頭で歌いに来ないか?みんなで再会しよう!」僕はもう嬉しくて即答「行くよ!」オープニングってことで、気楽に、くたばらない程度に、必死で歌います。

 

■1月20日(金) 兵庫・尼崎 ブラントン
【その人生、まっだまだ味するっしょ?】
開場18:30 / 開演19:00
料金:前売2200円 / 当日2700円(ドリンク別)
出演:はるどり / 奥村兄弟×てふてふ / 想ワレ / 陽香 / ネコレクション

◎兵庫上陸。熱いミュージックがたっぷりと染み込んだ、老舗ブラントン。アットホームな雰囲気で、初めての人も入りやすいよ。普段はスーパーバンドマンでもあるここの店長さんが選ぶ出演者も、間違いない人たちばかりです。店長さんがつけていると思われるライブタイトルも、言い知れぬ熱さが漂っていますね。人生こっからっす!そんな歌を歌う。

 

■1月22日(日) 大阪・谷町四丁目 SKIPPY
【酒ヒロ酒場〜新春メッセンジャーズ編〜】
開場19:00 / 開演19:30
料金:2500円(ドリンク別)
出演:酒井ヒロキ / はるどり

◎「せっかくだから俺たち、夢を見よう。」谷四の素敵なバーで、超リスペクトしているシンガーソングライター「酒井ヒロキ」さんのマンスリーイベント出演。愛を感じるタイトルにじーんとしつつ、パイセンの胸を借りてロングステージに挑みます。果たして曲はちゃんと揃うのか。なんにしても、超ハートフルな夜になるよ。

 


■1月31日(火) 東京・高田馬場 四谷天窓
【誰が為に音はなる〜7♪】
開場18:30 / 開演19:00
料金:2400円(1ドリンク別途600円)
出演:はるどり(20:45〜出演予定) / ききまたく / 山先大生 / おつかれーず / 815-ハチイチゴ-

◎東京編。絶対行くって決めてた。僕ね、知ってるんです。四谷天窓には、熱いミュージシャンと、スタッフと、素晴らしいリスナーがいるんだよ。いつだってそうだった。心の声を聴きに、心の声を持って、会いに行く。