ネット時代のマネタイズ中級編

立て続けに3作リリースしました

 

 

少しずつ、この先のネット時代

自分が「こうしていこう」と思ってる

システムを表現出来つつあります

たまに、こう言う話

ミュージシャン仲間に聞かれたりするので

せっかくだからぼくの計画

隠すようなことでもないので

説明しておきましょう!

 

------------

 

簡潔に言うとぼくがやろうとしてるのは

美味しいところは無料

マニアックなところは有料

というスタイルです

 

 

また、

無料部分だけで

充分に満足してもらえる

マネタイズデザインもしていこう

と思っています

 

 

デパ地下で例えると試食だけで

お腹いっぱい食べれるように、みたいな

そこで出し惜しみはしない

 

ただしユーザーが

その先の欲求

家でたっぷり、ゆっくり味わいたい

とか

出来立ての一番美味しい時に食べたい

とか

より上の快適さや

より確かなクオリティを

求める際には、課金でゲットしてね!

ということです

 

先日の記事で話した

基本無料

というシステムのトレースです

↓その時のブログ

ネット時代のマネタイズ初級編 - はるどりブログ 「オレの親友に似てる」

 

 

これを言うと

多くのミュージシャンや音楽関係者は

「そんなことしたら、音源が売れなくなる!」

「音楽の価値が揺らぐ!」

「CDで稼げなくなる!」

となってしまいそうですが

 

その通りです

音源、CDの販売を

音楽活動の主戦力にするスタイルは

YouTubeとストリーミングサービスの発達で

完全にオワコンです!

もう稼げません

早くその船から逃げろ!

もう、沈むぞ!ジャアアアアック!!!

ということです

 

 

そう、旧体制の考え方は

コンテンツの価格は

クオリティの多寡で

決められるものでした

 

音楽で言うなら

ミュージシャンが家で録った

ショボイ弾き語り音源は

無料とか100円で出したりして

スタジオレコーディングをした

メジャークオリティの作品は

2,000とか3,000とか

メジャーと同じ値段で売るみたいな、ね

 

 

これからは…というか、今は

逆だと思います

 

メジャークオリティの勝負作をこそ

YouTubeやストリーミングで

無料開放して

より広い層に知ってもらう聴いてもらうための

名刺としなければいけません

 

そしてその勝負作のデモやひな形

ミュージシャンが部屋で録った

ショボい弾き語り音源をこそ

ディープなファンに買ってもらってマネタイズすべき、とぼくは考えます

 

これが

美味しいところは無料

マニアックなところは有料

スタイルです

 

 

 

直近に、ぼくの「お蔵入り音源集」

なるものがリリースされました

その名の通りいわばボツ曲集で

他の作品と比べるとクオリティの面で明らかに落ちます

下手だし、音汚いしね

 

ですが、はるどりの作品で唯一

無料開放されていませんし

これまでの作品中、一番高い値段がつけられてます(それでも安めだけど)

 

かたや他の、

クオリティ高めの作品群は

無料開放している上

ダウンロード購入の価格もあり得ないほど安くしてます

 

これで示されるのは

売るのはコンテンツではなく

“はるどり”という

ブランドそのもの

ということになります

つまり

 

1 質の高いコンテンツは無料で多くの人へ(分母を増やす)

2 「はるどり」の作品への信頼や価値が上がる

3 ファンが増える

4 ディープなコンテンツを欲しがる人が出てくる

5 ここをマネタイズ!

 

ということですね

 

 

ネット時代は入り口でお金取るな!

 

と、先日のブログで書き散らしましたが

こういうことです

 

旧体制は

目の前の数十人のファンをターゲットにして

一人当たりの客単価を上げていくしかないシステム

 

ライブハウス全盛時代は

それでよかったけど

今は無料で、ほとんど無限に

良コンテンツを摂取できる時代ですから

旧いやり方ではリスナーを幸せには出来ません

 

リスナーを幸せに出来ないシステムは

断じて、発展はありません!

よくても、緩やかに滅びるのみです!

 

 

対してぼくがやってる

基本無料システムの核心は

分母を増やすに語り尽きる

実際ぼくの作品のデータでも

有料でダウンロードしてくれる素晴らしいファンたち(いつもありがとう!)

その10倍以上!

無料で聴いてくれてるライトユーザーがいます

 

無料で聴きやがって、、ではありません

聴いてくれている以上、

その人はぼくのコンテンツに

時間という対価を支払ってるわけだから

間違いなく、ありがたーいユーザー様なのです

 

この人たちを、増やしましょう、と。

それこそ、無数に!

 

で、

でも結局それじゃ稼げんやん!食えなくなっちゃうやん!

とパニクる音楽関係者みなさんに

覚えておいて欲しいのは

分母が増えていっても

課金者率は変わらない

 

ということなのです

 

先程は課金者の10倍の無課金者がいる、

と書きましたが

実のところ

課金してくれるディープなファンというのは

全体の5%

と、ぼくは概算を立ててます

今10%なのは

できすぎ、

たまたま、

リスナーの質がいいだけ笑

恵まれております、と

 

でも、恵まれなくても!

分母のうち5%は確実に、課金者になってくれるものです

 

 

現場ではさ?

数十人から数百人規模のところでライブして

そのうちの50%くらいはグッズやCD買ってくれたりして

それをメインにプロモーション活動してたべ?

 

ネットでは

分母を何千何万に増やしていくのが

絶対的なセオリー

もしも1万のリスナーを抱えられたら

そのうち5%、500人が!

ディープなファンになり

おそらくはマニアックなコンテンツも

ヘンテコなグッズも

喜んで買ってくれます

 

ヤバくない?これ。

ぼくはここを目指してます

 

ちなみに95%の無課金者も

先述のとおり大切なユーザー

なぜなら彼らは

口コミやSNSで拡散しまくってくれます!

これがマジでありがたい

でもね、これがなぜ成立するかっていうと

入り口をこちらが無料にしてるからなんだ

入り口が有料だったら

みんなあまり積極的には拡散しませんね

 

拡散したいという心理は

「こんなにいいものを、こんなコスパで、使わせてもらって申し訳ない!」

「制作者さんにはぜひ、成功していただき、いいものを作り続けて欲しい」

というある種の罪悪感が

核心にあるものです

 

 

だから、出し惜しみはなし。

無料で楽しめる部分は

目一杯楽しめる

満足できるものにデザインに

しなければいけません

今時、YouTube

ワンコーラスのMVしか出さない

(しかも無名の)

ミュージシャンはだめですダメダメ

それじゃあかん!

ばらまけ!笑

 

 

何度か話してますが

ぼくがこのシステムで幸せにしたいのは

今応援してくれてるファンの皆ではない

 

それは、悪い意味で取らないでほしい

目の前の数十人から金を取らないといけないシステムはダメなんだ

ファンの皆のことは

本気で信じると決めたから

ぼくが何しても

へんなエロい曲出しても

気に入ったら買ってくれ

気に入らなかったら批判してくれ

皆の決断をぜんぶ信じる

 

 

だからこのシステムは、

まだ出会ってない

これから出会う

無数のリスナーを幸せに出来るシステムでなくてはならない

 

 

まだまだ未熟なシステムですが

ひとまずぼくはこう

やっていくよということで

 

ご意見やご批判、大歓迎!

以上!

 

 

↓最後に作品紹介させて↓

 

■きっと空回りばっかだけどさ(アルバム)

f:id:harudoriblog:20200529122607j:image

若い頃に録り貯めた

ヤバい音源を収録してます

ストリーミング配信はなく

有料のみです

 

お金をいただくという最低限の

作品価値を守るために

序盤は「あれ?まともじゃん」

という作品が続きますが

本当にヤバいのは後半からです

若い衝動爆発の楽曲群

ぜひお楽しみください

 

11曲入り 1,300円

 

 

■濃厚接触(シングル)
f:id:harudoriblog:20200529122604j:image

全国的に緊急事態宣言が

解除されたタイミングで緊急リリース

全人類の思いを代弁した系

ウィーアーザワールド2020系の

性器の…じゃなくて世紀のラブソング

 

SNSで色んなバージョンを出して

累計再生数は5,000を超えました

「これはいけるかもしれない!」と図に乗り

意気揚々とフルのリリックビデオを

YouTube公開したところ

登録者10人以上に逃げられ

仲良しの女友達に冷たくされ

 

それでもぼくは歌うんだ

無料で聴けます

気に入ったら買ってやってください

250円

 

 

■悲しいくらいわかってしまうよ(アルバム)
f:id:harudoriblog:20200529122610j:image

はるどりの名刺的作品にして

現行で唯一ちゃんとした作品です

すごくちゃんとしてますから

はるちゃん、やる時はやるから

 

無料で聴けます

よかったら買ってください

11曲入り 1,000円

 

 

各作品、こちらから聴けます↓

 

https://www.tunecore.co.jp/artist/harudori#r598082

 

 

 

 

My地獄の歩き方・初級編

ブログやYouTubeをきっかけに

話したいとゆーて電話くれる人が

ちょくちょくいます

主に歳下

ありがたいなー

 

 

非常に褒め上手な出来たコーハイが多く

コロナで痩せ細ったぼくの承認欲求が

ああ、、、うるおう、、、

とホォっとため息をついて悦んでます笑

 

------------

 

そんな中

悩みに答えたり深い話に入る際

必ず聞くことがある

「どうなりたい?」

 

するとこう答える人が多い↓

 

ミュージシャンとして何がなんでも成功しよう!

って感じではないけれど

自分らしく、楽しく無理なく

お客さんが楽しめる発信をしていきたい

(それでお金ももらえたら言うことない)

 

さて皆さんこれを読んでどうだろう

共感する人は多いんじゃないだろうか?

 

この言葉はいかにも正論に思えます

 

音楽とかアートを、あくまでも娯楽

趣味の延長と位置づけ

努力はするつもりだが楽しむことが優先

マネタイズは出来ればラッキー…

 

家族や身内もこの論理は

納得して応援してくれやすいでしょう

 

でも、

これは本人が一番苦しむ

行動指針だとぼくは思います

では説明しましょう!

 

------------

 

先述の言葉を

言い換えるとこうです

 

・音楽をやりたい

・無理せず楽しめる範囲で

・人に聴いてほしい感動してほしい

・あわよくば稼ぎたい

・人気や数字で苦しみたくない

 

どうでしょうか…

これは無理ある、と、思いませんか

全てが矛盾しています

 

ひとつに、無理せず楽しめる範囲では

絶対に稼げないし人気も出ません

あわよくば、と言う言葉で誤魔化していますが

この言葉が出てる時点で

「稼げないと嫌」とほぼ同義です

なぜか。

守銭奴とか、金のためにやってるから、ではありませんよ

自分の価値を信じているからです

 

つまり

無理せず楽しめる範囲で頑張るが

全く稼げず人気も出ず

結局は

数字が出ない=自分の価値が評価されない

ことに苦しみ続けることになります

 

白でも黒でもない

グレーが一番キツいんです

不倫で悩む人の心理ですね(え)

 

そしたら、辞めるか休んじゃえばいいじゃん?

身内や家族のパンピーたち(おっと失敬)は

軒並みそう思うことでしょう

 

まだまだ我々

表現者という人種への理解が足りませんね笑

↑どこから目線や

 

確かにしばらくは休んだりするでしょう

『もう、音楽はいいや、、、』とか言うかもね

でも必ずまたやります

そして、

『今度こそ楽しめる範囲でやる!』

とか言い出すで

 

ほんで同じように傷ついてまた休む笑

以下、繰り返し、、、

 

表現者とはこういう人種です

苦しむと分かっていても止められないんです

少なくとも一度でも

自分の表現で誰かが

泣いてくれたり笑ってくれた

そんな成功体験をしてしまったら

もう生涯抜け出せない

その圧倒的な自己肯定感から…

 

こう書くとガッカリするかい?

そんなしょーもない

浅ましい考えでやってるから

おれは、おれの仲間は売れてないと思うかい?

それは断じて違う

今売れてるミュージシャンたちも

今まで世に出たスターたちも

大半がぼくらと同じ

承認欲求に取り憑かれた人種だ

それが証拠にスターたちの

人気がなくなると破滅する人、ドラッグに走る人、の多いこと多いこと

でも、ゆーとくで

それの何が悪い?

 

 

承認欲求に取り憑かれてしまうことは

今の世の中ではなんとなーく

「浅ましい」とされます

まずその認識を変えなければなるまい

 

承認欲求の何が悪いの?

愛されたい、と意味は同じだろ?

ぼくらは生涯!

承認欲求に!

取り憑かれて生きる!

うんそれでオッケー!

 

認めちゃった方が楽です笑

ここから始めるよ?

 

ということで

片っ端から認めてしまいましょう

 

ぼくらは表現をやりたい!

ファンが付かないとヤダ!

感動してくれないとヤダ!

稼げないとヤダ!

でもしんどいのはヤダ!

 

そうだね、

ファンを付けて感動させて稼ぐってなると

しんどい思いをしなきゃいけないのは

分かってるもんね

 

じゃあ次は

どこまでしんどいことを我慢できるか

具体的にどれくらいのファンが付いてどれくらい稼げれば満足か

を具体的に考えて

天秤にかけましょう

 

今はYouTubeがわかりやすいのでそれで例えると

だいたいの人が

登録者1000人、目指したい気持ちはある

的なことを答えます

 

ここまで目標が具体的にできると

あとはそれに向かう作戦を立てて

実践あるのみになりますね

その上で

考えうるどんな作戦も

自分には頑張りきる自信がない、と感じるのであれば

その目標は自分には分不相応ということで割り切って捨ててしまいましょう

 

それは悪いことではない

決して挫折ではない

ただの冷静な自己分析

己を知る

これが命です!!

 

 

じゃあ何なら頑張れる?

頑張りたいと思える?

胸の内側が熱くなってくる?

苦じゃないと思える?

 

 

これは、人それぞれなんです

絶対に一人一人にフィットする

素晴らしい生き方

表現者としての在り方は、あります

 

 

ミュージシャン誰もが成功を夢見る

当然ぼくもだ

大金を得たい

大勢に愛されたい

認められたい

多くの若者はテレビに映るスターを目指して

夢を描いて手を伸ばし

途中の地獄で脱落することになる

 

だからこそ

次こそは地獄を通るまい

なんとか工夫を凝らして

歩こうとしてしまいがちだ

そうではない

どんな道もある一点を超えたら

地獄は必ず通らなければならない

「楽しくない」という地獄だよ

 

 

地獄を歩くコツは

何処までも己を知ることに尽きる

そうしたら

 

こっちの地獄にするか

あっちの地獄にするか

くらいは決められんじゃないかな笑

 

 

 

ぼくの場合は、何度も書いてるけど

目標はひとつだけ

「好きなことを

好きなときに

好きなだけやって

生きる」こと

 

そのために自分で歩くと決めた地獄が

・カバーをやること

・動画を作ること

YouTubeを続けること

・プライドは捨てること

・自分のやりたい曲は後回しすること

です。

 

あーーーー

つらーーーーーー

しょっちゅう思いますが笑

自分で歩くと決めた地獄なので

納得してます

あと、

楽しみ方も少しずつ分かってきます

地獄も住めば都です!笑

 

 

------------

 

 

ちゅうことで

ぼくこういうめんどくさいこと

考えるの得意なんで

あと、人と話すの好きなんで

「自分はどんな地獄なら歩けるんだろう?」

と言うような相談なら役に立てるかもしれん

 

はるどり相談室にようこそ!

(どんな締めや)

はるどりどうしちゃったの?何考えてんの?その一

ブログにたくさんの反響を頂いて

驚いてます

肯定的であれ

否定的であれ

意見や声が届く度に

コロナ自粛で痩せ細った

ぼくの承認欲求は

たいへんに満たされておる

感じがします笑

 

え?歪んでる?病んでる?

いいえ…元からこうです…

 

 

否定的な意見には

こういうのがありました

 

 

表現者として、人を傷つけ攻撃する類の発信はNGじゃないか」

 

「こんなことしてたらおまえの周りに誰も居なくなるぞ」

 

「毒を吐いてまで注目を集めたいのか、売れるためならどんなことをしてもいいのか」

 

「誰かを否定することでしか自分の正しさを主張できないなんて間違ってる」

 

 

すべては

愛のある批判だと思ってますし

やはり色々と

考えさせられるものがありました

何故ならそれは

これまでぼく自身も

正しい、そうあるべき

と思っていた理屈がほとんどだから

 

だからこそ

今まではここまで濃度の高い

愚痴や文句と言うのは

外に出してこなかったわけだからね

 

 

ですが

これらはやはり

今のぼくや

今のぼくのブログにとって

的外れな理屈です!

では反論しましょう!

 

 

 

表現者として、人を傷つけ攻撃する類の発信はNGじゃないか

 

まず、表現とは自由なものです

NGなどないのです

 

誰かを傷つける、攻撃するのがNGならば

権力へのカウンターとして成り立っていった芸術ないし、ロックミュージック自体の否定になります

 

コロナパニックで

安倍総理ないし、政府対応のクソさ批判を

歌にする人も居るし

発信してる著名アーティストもいる

安倍を攻撃するのはOKで、

もっとミニマムな

例えば隣の住人への怒りを

歌にするのはNGでしょうか?

 

そんなわけがないよね

そもそも音楽は思想表現の一種なので

ミュージシャンが思ったことを

そのまんま口にすることになんの問題もあるはずがありません

 

そもそもこのブログは

マジでぼくのただの愚痴ですから

土台クソ発信であることは

重々承知してます

 

まあ

居酒屋でサシでゆーてるわけじゃない

ブログなんて、面白くなかったら

いつでも読むのやめりゃいい

そんくらいで書いてます

 

 

ん、

“影響力を持ちうる人のすることではない”

ですか、、なるほど

 

でも、本当にそうでしょうか

実際、ぼくのブログにも

「よく言ってくれた!」という

ご意見は目立ちます

 

ぼくは自分の今の影響力なんて蚊トンボ以下だと思ってますが

仮にそれなりの影響力を持ってると自負していたとしても同じことをするでしょう

 

攻撃的な意見というのは

普段は世間の空気に抑圧されがちです

 

特に今のような非常時はね

「みんな大変なんだから、文句言ってられないよ」

あなたはすごく優しい、素晴らしい

でも、そうじゃなくたっていいんだぜ

 

ふざけんじゃねえ

許せねえ

ぶっ飛ばすぞクソが

苦しい…

死にてえ…

殺してえ…

 

思ってても言えない人が

めちゃくちゃ居るんです

言えないってのは苦しいよ

痛いほどわかる

本当は死にたいなんて

思ってないよな

本当に誰かを殺そうなんて

思ってないよな

 

 

それでもな

死にたい!

ぶっ殺してやりたい!

そう口にすることで

共感されることで

どれだけ心が軽くなるか

 

 

そんなの歪んでるって?

そういう一見正しい

意識高めの理屈

心が弱い人間の本当の声を

抑圧するんだ

映画「ジョーカー」必見ですよ笑

そもそも、歪んでちゃ、ダメですか?

全てがまっすぐ筋が通っているべき、だと

本当にそう思いますか?

 

極端な表現というのは

嫌な気分になる人と同等の数だけ

それで救われる人が必ずいる

 

 

影響力を持ちうるからこそ

世間に忖度されない生身の意見は

発信するべきではないでしょうか

 

 

------------

やばい、こんな量で

ひとつひとつ言及してたら

(たのしいけど)

ラーメン屋閉まっちゃう

おれ今からラーメン行くから

サクサクいかな!

------------

 

■こんなことしてたらおまえの周りに誰も居なくなるぞ

 

なりません!

さっきも言った通り

極端な表現、主張というのは

傷つく人と

救われる人が

ほとんど同数居るものです!

 

すべての人に嫌われる表現なんて

ないのです!

 

つぎ!

 

 

■毒を吐いてまで注目を集めたいのか、売れるためならどんなことをしてもいいのか

 

とにかくこれはぼくの自己満足で

ただ何にも忖度せずに愚痴って

それを人に読んでもらって

ちょっと気持ち良くなるための

ねじ曲がったSM趣味のようなものなので

注目されたくてやってることではないのですが

 

多少なりとも注目されていることに関しては

うれしい!

としか思ってません

 

だってさここに書いてることは

ぼくの本性なんだぜ?

 

それがこうして、多少なりとも注目されてるのは

ああ、

好きにやっていいんだ

って証明でしかないよ

 

今まで

音楽生活10年以上

腐るほど表現してきた

希望や夢や愛の裏側

親に「あんたは優しい子よ

と言われ続けたことから端を発する

あってはならないと

教えられてきた

思い込んでいた

腐った感情

ずっと抑圧されてきた

本当の自分だ

 

 

そいつをグチャッと手に取って

ビターン!と地面に投げつけた

くそがー!ゆーて

 

そしたらみんな

おれを嫌いになるかなー

なんてちょっとだけ

ビクビクしてたら

 

「わかるーーー!うけるーーー!きったねえー!!!」

って何人かが泣きそうになりながら

大笑いしてんだよ

 

なんだろうな、

音楽ってこれでいいんだなって思ったよ笑

一点の曇りもない美しさを

ずっと表現しようとしてた

そんなの疲れちゃうよね

だって、ぼくらはみんな

汚いから

それが良いんだ

 

そんなん分かってたはずだけど

やっと、

自分の血肉に浸透した気がするよ

 

 

さて話が逸れた

 

 

売れるためならどんなことをしても良いと思ってるか?

 

思ってるよ!

 

 

 

■誰かを否定することでしか自分の正しさを主張できないなんて間違ってる

 

これについては、

また気が向いたら書きましょう

長くなるから

ラーメン屋着いたから

 

ひとつ言えるのは

ぼくのしたいことは

否定ではなく批判です

論破ではなく議論です

 

ぼくの主張と誰かの主張は

いつでも対等です

 

間違いに気づかされたら

ちゃんと訂正も謝罪もします

から!!!

 

 

 

通販ショップができました

はるどりの通販

はるちゃんの新作から

アキドリちゃんの

アーカイブまで

惜しげもなく!

CD二枚買ってくれた人には

ステッカー送りつけます

ネット時代のマネタイズ初級編

アーティストの人たち

配信で金取るの早すぎじゃない?

と思う

なにかというとすぐに、チケット制のツイキャスを使って

普段のライブ相当の何千円とかで売ってたりする

 

現場がほとんど壊滅で

目先の金を工面する必要があるのは

もちろんわかる

ただ

せっかく、現場からネットに来たんだから

ネットのやり方をするべきだと思う

「ネット的」なやり方を知ることって

今後ものすごく大事です

 

少なくとも、

入り口で何千というお金を取るやり方は

ネット的じゃない

 

今皆さんがやってることは

海外に住まなきゃいけなくなったのに

やれうまい米がない

やれいい醤油がない

味噌汁作りたいのに味噌がない!やばい!

 

ってゆーてるのと同じです

 

まずは、その国でその地域で

みんながどんなものをどんなふうに食べてるか

知る方がいいべ?

じゃないとこれから先つらいだけだべ?

 

 

ということなので、論を進めますが

 

入り口で何千というお金を取るやり方は

基本的に

ネットでは、ダメなやり方とされます

 

最初にそれを証明してしまったのが

ゲーム業界かなとぼくは思う

 

有料のゲームは殆ど売れなくなったのを

みなさんご存知でしょうか

パズドラの登場で決定的になったんだけど

スマホ世代たちの間では、もはやゲームは無料で遊べて当たり前のものになった

 

で、完全無料ではなく、

「気に入ったら課金してね。そしたらもっと楽しく遊べるよ!」

ってシステムが出来上がった

 

これが

基本無料

というシステムの成り立ちです

テストに出ます

 

 

みなさんも、パズドラとかモンストとかに何万も何十万も平気で課金する人を知ってると思う

当たり前だけどそういう人が何千何万人といるわけだ

 

ドラクエが5000円で売っててそれを100万人が買ったら売上は50億

 

一方パズドラは一時期、ユーザーが1000万人とか言われてた。さっき書いた通りほとんどは無料で遊んでるユーザーだが、基本無料ゲームにおける課金者の率はだいたい40%といわれてる

さらに数万単位の課金をするひとは20%と言われる

じゃあ、40%、400万人が、1000円課金したとしましょうよ これで 、、40億。

ほんで、20%、200万人が、1万円課金したとしましょう 200億…!

延べ、240億

※非常にざっくりした数字ですけど、すごく儲かるということを伝えたいだけです

 

 

しかも、ドラクエは買ったらそれで終わりだから50億で打ち止めなのに対し、パズドラのこの数値は、一度きりじゃない

ゲームが運営され、好評である限り、見込まれ続ける収益だ

やばいべ?

 

結局のところ「入り口を無料にする」っていうこのシステムは

ものすごく儲かってしまうということをみんなが知ってしまった

 

そして、有料のゲームがものすごくクオリティが高いと分かっていても

それなりのクオリティの無料ゲームにほとんどのユーザーが流れてしまうことも証明してしまった

 

 

以降

それまではそれなりの売り上げがあった有料ゲームの市場が急速に縮小し、

大手のゲーム会社までもが「基本無料」のゲームしかリリースしなくなります

その方が儲かるので仕方ない

 

ぼくを含む大半の「一般人」たちは

このシステムに大いに満足してきた。が

 

多くの才能あるクリエイターたちや

多くの本物のゲームファンは

入り口の装飾がやたら綺麗で

エゲツない課金システムにユーザーを引き込むことに重きを置く基本無料ゲームに辟易し

「本当は価値のある本物のゲームを作りたい、遊びたい」

と思い続けているわけだ

 

さて、これ

何かに似てないですか?

 

今の音楽業界に似てない?

 

 

アーティスト達はプライドを持って

CDを出して、ライブをする

価値があると信じているから相応の対価を設定する

が、CDの売上もライブの動員も落ちていくばかり

かたやネットでは

素人に毛が生えた程度のミュージシャン?たちがほとんど無料で音楽を配信し続けて

メジャーアーティストにも劣らない人気と動員を得て荒稼ぎをしている

 

そして今

大手の音楽会社がこぞって

YouTubeに参入し

それまで当たり前に有料だったものを

無料で配信しまくる、なう

 

この流れはコロナパニックで一気に加速して

ついに「現場命!」だったコンピュータと仲良くない人たちまでも呑み込んだ、

なうなわけだ

 

さあ

それでもあなたは

入口でお金を取るのか?

それはなぜ?

「価値のあるものを発信するのだから

当然対価を頂くべき」だからか?

 

はっきり言うけどそれはもうダメなんだ

 

ネット時代の本質は

 

・新規が入りやすい入り口のデザイン

・感動を与えるクオリティ

・他にはないサービス

・分かりやすく快適な課金システム

 

無料でやれということではない

基本無料、というシステムを

発展させていくことが全ての鍵だ

どのタイミングでユーザーに課金してもらうか

精密にデザインしなければならなくなったわけだ

 

分かってもらえるか

多くのミュージシャン

クオリティだけに重点を置きすぎてる

こないだ話した(愚痴った)

「いい音楽、いいライブ、これで大丈夫なんだよ!」

という脳筋の思考だ

 

 

それはオマエのちっぽけなプライドを守るためだけの行動であって

今無料でいくらでもいいコンテンツを得られるユーザーたちを

幸せにできるシステムでは断じてない

 

 

そんなオマエファーストな考え方で

作られるコンテンツが

売れるわけがないやろがいと

ほんまズレてんなと

目覚ませと

 

 

いや覚まさんでええか

ライバル増えるだけやし

 

 

それまで現場で稼いできて

コロナの影響から必死でネット活動を始めている

多くのミュージシャンたちは

人並外れた技巧や能力、才能やセンスを

誰もがひとつは持ってる、すごい人たちだ

 

でもそんな人たちでも、

無策のままプレミアツイキャスとかゆーて

ネット配信をチケット制にしてる限り

ぼくはなんの興味も持てない

 

表現活動としても、商売としても、

面白くない半端なやり方だなぁと思う

 

だって、

どーせ大して儲からないし

新規は全く入ってこないだろ?

 

大量の新規層を分母に加えて

ファンの絶対数を増やすチャンスがある、のがネット活動の核心なのに

それ全部潰してるもん あかんやろ

 

 

そんなんよりもiPhone直録りで

毎日毎日YouTubeで配信してる

若い子たちに脅威と戦慄を感じる

そういう

なんのためらいもなく

プライドも関係なく

パッと思いつくアイデアと衝動を

人の目に触れる活動に直結させられるのが

ネット時代の最強の強さだよ

 

 

なんでこんなこと書くのかっていうと

やっぱり、優れた仲間が

つまんないことやってるとイライラするから

 

ライブモンスター(褒めてる)の

みんなからすると

ぼくのやってることの方が

つまんないんだろうけど

ぼくはもう、スカスカのライブハウスには

二度と行きたくないから、こうするよ

本当はみんなそうなんじゃねえの?

 

 

少なくとも

ぼくの居場所は、ぼくが守りたいのは

ライブハウスじゃない

ぼくの音楽に出会ってくれる

リスナーだ

リスナー居ての音楽やんか

 

 

リスナーを幸せにできないシステムなんてやめちゃえ

リスナーってのは、今あなたが何をやっても許してくれる優しいファンじゃない

これからあなたが出会うべき何千何万という

出会わなきゃならないすべての人のことだよ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おっと、、、、

またポエミーにまとめてるやん

キモ

おれ、キモ

 

本音を言えよ、はるどりよ

 

 

プレミア配信で稼いでるやつら

あーーーー羨ましい!!!!!

おれにはひっくり返っても無理だから

あーーー羨まし!!!

ムカつく!ばーか!いいなー!!!

仲間同士コラボ配信とかも

あーーーたのしそ!!!!いいなーーーー!!!!!

あーーー嫉妬するわ!!!あーーー!!!!!!

支配者っぽくて一番かっこいいだろうが!

f:id:harudoriblog:20200516021621j:image

ぼくが作曲者であることを第一にしているのは

手柄の最前線に居たいという欲望なのだと

改めて思う

 

ひとつの曲が生み出すもの

演奏、歌の出来、パフォーマンスにライブ、音源の出来、そのセールス、評判、、、

 

ぼくにとってその中で

いちばん大きな手柄が

作曲家の手柄

 

 

※もちろんこれは主観です

ボーカリストに手柄があると考える人も多いだろうし

プロデューサーがいちばんって人もいるやろし

 

 

だから

作曲だけは手放さない

これを手放したら最早

ぼくが音楽をやる意味がない

ぼくは音楽が好きなんじゃなくて

自分の作る音楽がすきなんだ!

 

 

 

ぼくのYouTube

まあ、ぼくにしては?

そこそこ結果も出ており

ぼくにしては

評判も悪くないと言える

出来過ぎとも言える

 

でも所詮はカバー

 

いくらカバーが褒められても

いくら愛され尊敬されたとしても

ぼくの乾きは潤ってくれない

ぼくはその手柄の前線には居ない

ものすごい最後列に、いる笑

整理券ギリギリあるかどーかわかんねえよ?!

くらいの最後列にいる笑

本日整理券ここまででーーーす!!!

って聞こえそうなくらい

 

歌を褒められてるんだからいいじゃないか!

それははるちゃんじゃないといけない

要素じゃないか!

と言われたりもするけど

 

なんだろうなあ

プライドの在り処によるのかなあ

ぼくは自分の歌は

もちろん嫌いじゃないし結構好きだけど

そこに絶対のプライドはないのだ

ボーカルとしての自分の代わりなんて

いくらでもいるでしょと思ってる

 

でも作曲をする自分の代わりは居ない

それは世間からして、ではない

ぼくにとって、ぼくの代わりが居ないということ

それは極端な話

死んだって捨てない

 

プライドの在り処

 

 

ぼくは自分の曲で生きていきたい

はるどりの曲じゃなきゃ嫌だ!

と言ってくれる人のために作りたい

リスナーでも

クライアントでも

 

 

そのために

「作曲」っていう

最後のプライドを黙らせて

カバーYouTuberをやってる

 

このブログを読んでる人にだけは

本当のことを伝えておきたい

 

カバーなんて

楽しくもなんともない

頑張って楽しむポイントを見つけながら

宣伝のためにやってる

 

 

ぼくと同じやり方をすれば

誰だってぼくくらいの数字は取れる

つまり

そこそこ勝てるし

影響力を得る足がかりにはなる

 

ましてやルックス良かったり

声に魅力があったり

喋りがおもしろいとか異性にモテるとか

ぼくにはない要素があればその分だけプラスアルファで伸びる

 

これまでぼくに

「音楽で生きていきたい」と相談してきた後輩には

みんなにそう話してきた

みんな「絶対ぼくより伸びるな」という確信をもてる

魅力あふれる人たちだ

 

まあでも、

こんなこと誰もやりたがらないよね

みんなそう

それまでいちばん大事にしてきた

プライドとか色々を捨てられないもんね

もったいないわ

 

 

なんの話だっけ

 

曲の手柄、ね

 

そう、ぼくは

自分が作った曲を

誰かが歌ってくれて

その誰かの歌が

めっちゃ褒められてたら

さも「関わってくれたみんなとボーカルの〇〇さんのおかげです」という顔をして

 

(全部おれのおかげ)

と心でニタニタしてるわけです

 

 

絶対にモテない