いざ・レッツ・サーティーフォー

7月10日
無事に34歳になりました‼️
おかげさまで
ほんとにおかげさまで
しあわせです

メッセージもありがとうございます
愛されているなぁ
遠い人とも繋がっているなぁと
一日中あったかい気持ちでした
生まれてきてよかった
おめでとうって最高だね
ぼくもなるべくたくさん言おうと
改めて思います


毎日が
かがやいています
それはすべて
これまでぼくと関わってくれた
すべての人のおかげであり
それもひとえに

自分の手柄、と思っています笑

よくやった 自分よ笑

33歳は
人生で一番挑戦した歳でした
34歳は
もっと挑戦する歳になります
未熟者ゆえ色々失礼したり迷惑かけたりすることもあるかと思いますが
2,3回くらい大目に見てもらえると助かります なんちって

おかげさまで
ほんとにおかげさまで
しあわせです
皆さんのことを
これからも絶対大事にします
それだけは 約束します
今後ともひとつよろしくお願いします♪

 

***

 

■我が家に鍵盤がやってきた

f:id:harudoriblog:20180713232936j:plain

どうですか
この完璧な デスクとの黄金比
美しすぎる

ぼくの家は狭いので
鍵盤置くならどうしてもデスクと一体化させたかった
でもなかなか寸法的にこんな風に収納できる算段がつかなかったんですけど
ご覧のスタンド (ピアノに生えている足)のおかげでギリギリ寸法に収まりました
ほんまにぴったし
これより1センチでも高かったらデスクの上にゴッツンコ
まさにおれのために仕立てられたセッティングと言っていいだろう いいよね?

 

このスタンドすっごい高かったんだけど
ぶっちゃけ鍵盤本体と張るくらい高かったんだけど
奮発してよかった!

 

そして
この夏スタジオはるどりはさらなる設備投入を目論んでおりまして
ぶっちゃけめっちゃ買い物してる
財布がやばい!

 

 

自分への誕生日プレゼント、というOLさんみたいな根拠づけで
こいつを買いました

f:id:harudoriblog:20180713233157j:plain

とても有名なドラム音源
これもたっかいんだ
っていうか音源ってたっかいんだ!

 

でも最近担当を始めた仕事において
絶対必要なのが
「自分が"今すぐに"進化すること」
と感じたんだ

 

ぼくは基本的に手持ちのモノでなんとかするって言う性質なんですけど
今回は、ひとつグレードの高いサウンドを知り、生み出さなければいけないと思った
成長のきっかけは本当に心から望んでいれば
向こうから飛び込んできてくれるものだ

 

ぼくがただのライブマンとしてでなく
「音楽家」として 
音楽を生み出すあらゆることを手がけるようになって
もう直ぐ2年が経つ

 

楽チンだったことなんて一度もないけれど
毎日のトライアンドエラーのおかげで
猛烈に楽しいし際限なく「点」が増えていっているのを感じる
点はいつか自然と結びつき 線や円になる

まさにその時と感じる

 

こんなのも物の考え方ひとつで
昔のぼくなら
「毎日しんどいーうまくいかないことばっかりー早く楽になりたいー」
なんて思って終わりだったんですよね

 

一番大切だったものを失って
変わりたい、って本気で思って
2年経った

 

少しはいい目になったじゃないか なぁ!

 

 

■ミノノサトエ

f:id:harudoriblog:20180713232953j:plain

素晴らしい才能を持った若手である

このひとの制作プロジェクトを
麦わら帽子の人「代々木原シゲル」と担当することになった
(ぼくは彼の主催レーベル「ワイズマンズベルレコード」のディレクション担当でもある)

 

世の中に俺たちの名前轟かせてやろーぜ!の会

 

 

■時代の先端

f:id:harudoriblog:20180713233002j:plain

台湾にいる「稻村壤治」の新作の制作も担当
この日は台湾と日本をテレビ電話でつなぎ
遠隔レコーディングである

とか、サラッと言ったけど
そんなん初めてでジョージくんはもちろんだと思うけどぼくも超不安だった

でも…

できるもんだなw

いつもながらまっすぐに人を信じてくれるジョージくんのおかげで
素晴らしい音源ができあがり
新しい可能性がひらけそう

 

 

■毒舌少女

f:id:harudoriblog:20180713233007j:plain

昨日はお仕事の制作で「椎井音夢」ちゃんに歌入れしてもらいました
半年前にライブで出会って以来の二度目ましてなはずなんですけど
気がつくとRECしながらお互いをDISりまくっていました おかしいな


「え、はるどりさん34歳?!ほんまに?!みえない…
…めっちゃおっさんだったんですね」

容赦無くDISりまくってくる悪魔の一面を見ましたが (普段はあんまりDISらないらしいです 嘘だと思うけど)
不慣れな他人の曲を
めっちゃ練習してきてくれたのが伝わるパフォーマンスで
歌声は素晴らしいの一言
おっさんはこっそり感動しました 感謝

 

 

■ゆあらちゃん

f:id:harudoriblog:20180713232957j:plain

今朝これが届いていました
もっと前に届いていたのかもしれません
忙しくてポスト見れてませんでした
2曲アレンジを担当した
”マルチシンガーソングライターアイドル” (舌噛むなよ!絶対だぞ!)
YuAhRaさんのメジャーデビュー作です

 

7月18日リリースです
感性が独特で、重厚な曲を作る人です
ぜひ聞いて見てね!

 

 

 

そしてそして
もうすぐライブもあります
おなじみロクドゴブ!

f:id:harudoriblog:20180428230424j:plain

■7月16日(月・祝) 東京・幡ヶ谷 36°5
【めろでぃ♪第89楽章 ~誰かを守れる勇気を持っていられるかい?~】
料金2500円(ドリンク別) ※要予約
開場17:00/開演17:30
w: めろんぱんっ/花本麻里絵とおーちゃん/赤羽一成(THE CHESS) /ソラマメです/大矢修司
※はるどりは19:35~出演予定

ぼくらは音楽家なのだと思う

インプットとアウトプットの量と質が
手に負えないほどに上がっていってる

 

あたらしい出会いと刺激はめちゃくちゃ魅力的で
ぼくを際限なく変えていく
そんな中
「長い間ぼくの居場所」であった場所で歌ってきた

 

f:id:harudoriblog:20180629170742j:plain

誤解がないように先に書くと

 

ぼくは今、誰の目から見ても
「作曲家になったんだな」
と思われていると思います

 

この日も唯一の先輩であり、ぼくの中のヒーロー・拓さん(酔っ払い)に
「おまえは作曲家センセイなんだよ!もうライブやんなくていいじゃねえかよ!」

なんて言われました

 

そんなことないです
だってライブ大好きだから
これからも情熱を注ぐし
やり続けます

 

 

ほんでぼくはだんだんと
「作曲家」だの「アーティスト」だの「ライブミュージシャン」だの「ボーカリスト」だの
その「音楽」っていうカテゴリ内での肩書きっていうのも、ちょっと野暮ったく感じるようになってきてるなって思いました

 

だって、聞間拓さんも含め、
この日の出演者は素晴らしい曲作る人ばっかりだった
なのに
ぼくが「収入の主力は楽曲提供」という話をすると
聞間拓さんをはじめ、皆一様に

自分には遠い世界だなぁ

って顔をする

 

そんなことないのにね

 

ぼくら音楽に心血注いでいるもののほとんどは
一般人からすると想像もつかないレベルの空中戦をしているんです

だってこの世のほとんどの人は
「曲を作るなんて想像も及ばない、圧倒的な才能」
と思っている

そんな場所に我々音楽バカが降り立ってごらんよ

いま東京のライブハウスで
どんなにいい曲作っても食っていけない
ほとんどのミュージシャンは
今まで想像もしたことないほどの
手厚い待遇を受ける
地球にベジータが来るのとおんなじだよ
(あってるかなこの喩え)

 

話を戻すと
酔っ払い拓さんに

「おまえは作曲家センセイなんだよ!もうライブやんなくていいじゃねえかよ!」

と、まぁはっきり言うと「こっち来んな、そっちでやれ」と言われて
カッチーーーンときて

「ぼくはライブ好きだからやめないっすよ、結果も出します だいたい『ライブミュージシャン』だの『作曲家』だの 偏見がすごい そこでカテゴリ分けとか窮屈なんすよ!ぼくらは『音楽家』、それでいいでしょー?!」

 

なんつってね
がんがんにぶつかり合いまして

 

まあ、明け方にはこの人、
なんにも覚えてなかったですけど
(記憶だけじゃなくいろいろ失くしてましたけど)

f:id:harudoriblog:20180629174915j:plain

 

 

こんな具合で

今まで居心地の良かった場所が
「窮屈だなぁ」って感じるようになること
きっとあると思います

そう言う時えてして、その場所や相手を責めてしまいそうになるものです
ぼくもずっとそうでした
「おもんない場所になっちゃったな、もう来ない」
とか
「進歩ないなぁ」
とかさ!あるじゃん!ない?なきゃいいよ!w

 

ぼくはそんなに性格良くないんでそう思っちゃってたし
それを直接相手にぶつけるもんだから(もちろん大好きゆえなんだけど)

いやはや
めっちゃ嫌われまくった どんどん人離れていくよ ぶわーーーーって

 

そんな時もですな

「おもんない」とか「進歩ない」とかっていう

ネガティブの感情を

ポジティブに変換するんです

 

そうです

ほとんどのネガティブはポジティブに変換可能

なんです

 

さあ、俄然 胡散臭くなってきました

これがぼくがこの春から自分に言い聞かせていることで
まぁ、ほんまに人生変わるくらいいいことしかない
いつか自己啓発本書いて一儲けしようと思ってるんですけど(たぶん無理)

 

はい、ほんでね
この場合の変換の仕方ですけども 単純です
元いた場所の居心地が悪いってことは

 

「自分が成長したのだ 新しい環境に飛び込む時が来たのだ」

 

です

 

これは滑りません
いけるから
事実そうなんで

 

相手は悪くないんです

 

むしろ自分の物差しからすると「進歩ない」ように見える相手も
ほとんどの場合、悩み迷いながら進歩を続けています

ただ、

今の自分の感性に合わないからピンと来ないだけ

=自分が変化(=成長)している

わけです

 

 

これが分かっていれば
相手へのリスペクト・愛情は保ったまま
新しい環境へ向かえます

綺麗事じゃなく、離れていてもずっと愛していられる

そして、新しい環境に慣れた頃
ふと思い出します

また、顔だしてみようかな

 

その時きっと
その場所は自分を歓迎してくれます

 

自分も相手のすべてを受け入れる準備ができているはず

 

そうして絆は、愛は、より深まる

 

ずっと共にあることだけが愛じゃない

 

と言う話は最近の記事でもしました

 

いやぁ、ここはぼく、ブレないですねぇ
自分のこういうところ、わりと好きですねぇw

 

 

 

アキドリが解散してから
この36°5や拓さんをはじめ多くの仲間や場所が
居場所を失ったぼくを支えてくれて
おかえり、と言ってくれました

そのおかげで

こうして一人で立つことができる

反骨するパワーが生まれ

「おれはこうだ!」と突き通すバイタリティが育った

 

これからも一生、大切でいとおしい場所

 

今度は ぼくが

f:id:harudoriblog:20180629170758j:plain

 

 

 

てなことを言いつつ
36°5にはこれからも出ますw

 (昔の仲間内から離れよう、ってことねw)

ぜひおこしやす

 

 

⭐️⭐️⭐️LIVE INFO⭐️⭐️⭐️
※予約はharudorimail@yahoo.co.jpまで
日付・お名前・人数をご明記の上送信してください♪

 

■7月16日(月・祝) 東京・幡ヶ谷 36°5
【めろでぃ♪第89楽章 ~誰かを守れる勇気を持っていられるかい?~】
料金2500円(ドリンク別) ※要予約
開場17:00/開演17:30
w: めろんぱんっ/花本麻里絵とおーちゃん/赤羽一成(THE CHESS) /ソラマメです/大矢修司
※はるどりは19:35~出演予定

 

ザ・雑記

9日後のライブに備えて
新曲を上げていっています

f:id:harudoriblog:20180614212149j:plain

最近よく
歌詞を書いてて泣きそうになる
「ああぼくはこんなふうに考えてたのか」
って思うんです

 

誰かや何かに対する思い
それも角度は一つじゃない
見方を変えれば裏側も側面もあって
結局はシンプルだったりする

 

「センターオブジアース」という曲を
昔書いたんですけど
初恋の曲でね
「綺麗だと思った」
から始まって
「君をみてるだけで幸せだった」
のに
「夢の中で君と手を繋いで」
特別であることを認識してしまう
「僕だけの君」にしたくなって
「それが叶わないなら(君なんて)居ない方が」いいって
思うようになる

 

そして曲の結び
初恋の燃え尽きた残り火のような余韻の中で

ただ僕は「綺麗だと思った」だけだったんだ
本当は「君をみてるだけで幸せだった」だけなんだ

どうしてこうなるんだろうって、思い返す

 

 

ようやっと近頃
僕もこの感情を心で捉えられるようになった

 

「愛」か「恋(エゴ)」か

ということだ

 

「綺麗だと思った」「君をみてるだけで幸せだった」
これは恋の芽生えじゃなくて
愛の芽生えだったのだ

ただ単純に
君が居てくれるだけで嬉しいっていう

「僕だけの君」と言い出すのが
恋の芽生え

自分がどう思うかよりも
相手にどう思われてるかの比重が大きくなってくる
大事にされてないと気が済まなくなる

 

何事もそうだと思ってて
仕事においても友人関係においても

私物化しようとすると途端に愛は陰る

自分の損得を度外視することが愛の絶対条件なんだ

 

だから
「ここまでしてあげたのに」
みたいな感情が心の中からひょこっと顔を出した瞬間に
ぼくはその人や物と
一旦距離を置くようにしている
冷たいと思われるかもしれないけれど
長い目で見れば愛を貫けるのはそちらだと思う

 

 

ぼくは

人に愛される力に恵まれて居ないと感じて生きてきた

少なくとも、アキドリが終わるまでは

だって、いるじゃないですか
「愛され上手」
何をしても愛されちゃうタイプ

俺の方が、相手のことを思って
相手の得になるように動いているのに

なんであんな
なんの役にも立ってないような人が
俺よりも愛されてるんだよ

ってさ
すっごくネガティブだったんです

 

でも今ならわかるよ

 

愛されることではなく
愛することなんだって

 

何の役にも立って居ないように見えるあいつの方が
純粋にその人を好きと思って損得抜きの想いをぶつけていて
相手の気持ちを推し量ってご機嫌取りをしているぼくは
要するに愛されたくてそうしていただけ

 

どちらの方が愛されるかなんて
犬にでもわかる

f:id:harudoriblog:20180614230045j:plain

 

犬はひたすら
愛するだけだよ

 

犬から学ぶことはたくさんあります

 

 

 

さて、何の話でしたっけ

酒飲んでだらだら話してるみたいなノリになってるわw

 

 

 

そうそう、歌詞を書いててね
泣きそうになるんだよ

 

早く聴いてほしい!

6/23にはいい形で発表するぞ!

 

f:id:harudoriblog:20180428230424j:plain

⭐️⭐️⭐️LIVE INFO⭐️⭐️⭐️
※予約はharudorimail@yahoo.co.jpまで
日付・お名前・人数をご明記の上送信してください♪


■6月23日(土) 東京・幡ヶ谷 36°5
【ひだまりの家vol.2】
料金2500円(ドリンク別) ※要予約
開場17:30/開演17:45
w: 聞間拓/澪/北村海/ナカノユウキ/テリヤキチキン/やちよゆゆ

 

旅路のむこう・もうぼくは・まとめない

さぁ 梅雨です

 

天パのみんな
クネクネする準備はいいか
むしろ覚悟はできてるか
縮毛矯正とか
しておくなら今だぞー
人格矯正も
ついでにやっておくかー

 

最近、ブログがSNSのまとめみたいになってたんだけど
それってなんかつまんないなーって思ってる
それってなんか
オレ流じゃなくね?
なんか微妙にジャムってなくね?
魂まで東京に売り渡してんじゃね?

 

的な(クソ適当な文章ですので心配なさらず)

 

まぁとにかく
ブログはぼくと皆様読者の居場所としておきたいので
ここにはここの文章をしっかり綴っていきます

 

じゃけえ
SNSSNSでチェックしてくれたら嬉しいです♪
今後ともひとつよろしく!

 

 

 

*演劇主題歌、担当しました

f:id:harudoriblog:20180606211143p:plain

ギリギリのお知らせになっちゃったけど
6月8〜10日 かめありリリオホールにて上演される

T.A.Fプロデュース
『幕末疾風伝「MIBURO~壬生狼~』

の主題歌「旅路のむこう」の作曲と編曲を担当しました

 

歌詞は演出の池田建太さん
歌は伊禮恵ちゃんに担当していただきました

f:id:harudoriblog:20180606211528j:plain

伊禮恵 OFFICIAL WEBSITE

 

 

下記サイトでフル試聴できるのでぜひ聴いてみてください♪

www.tafpro-tate.com

 

 

昨年公演の映像をいただいて拝見したんですが、めちゃくちゃ熱くて感動的な舞台で!
作曲させてもらうのがすごく光栄だった。
長年の仲間、めぐちゃんも想像以上の素晴らしい歌で命を吹き込んでくれて、
とっても充実感に満ちています。

 

あとは本番を楽しむだけ♪

皆さんも興味があればぜひ!

 

 

 

*薄情な仲間

心を決めて動き始める新しい挑戦
そしてこのLINEです

f:id:harudoriblog:20180606195921j:plain

わかりますか皆さん
何が起こっているかわかりますか
「一緒にライブがしたい」というのは
ミュージシャンとして愛の告白をしたのも同然なのです
それに対し
「えーウケるーー‼️」
というイエスでもノーでもないフワッとした返事

これだからミュージシャンは信用できません

皆さんも肝に命じてくださいね
ミュージシャンは信用しちゃダメです!

 

Q.
このあとのぼくの返事はなんでしょう

・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

A.

f:id:harudoriblog:20180606200709j:plain

傷ついた胸を抑え
必死の強がり
泣ける回答です

 

 

 

 

 

 

*ゴミを拾う

最近、朝ゴミ拾いしてるんですよ

 

f:id:harudoriblog:20180606195928j:plain

前に森脇健児さんにお会いした際、
「売れたければゴミを拾え!」
とおもしろおかしく熱弁されていました
売れるための努力なんてたくさんの人がしている
最後に明暗を分けるのは思わぬところだったりするのだと
「あの人街でゴミ拾いしてた」
という噂がどこからともなく関係者の耳に入ることもあるんだと

 

いや

だからやってるわけじゃないけど

毎朝散歩の時
お気に入りの公園がゴミだらけだったりするから
どーせ公園でボケーッとするだけなんだから
ゴミ拾って綺麗な公園でボケーっとしたいなって

そしたら案外いろんな人が
声かけてくれるんですよね

「ありがとうございます」って笑って

 

これは続けますよね
人の役に立つってすごいなって
素直に思える

 

 

 

ディレクションという仕事

f:id:harudoriblog:20180606195938j:plain

台湾で活躍している日本人SSW「稲村譲治」くんの
新しい音源のアレンジを担当しています
左から
ジョージくん(ハートもイケメン)
シゲル(プロデューサー 破天荒)
ぼく(若い頃のトムハンクスのマネキンの失敗作みたいになってる)

 

この日はぼくの自宅スタジオで
ジョージくんのボーカルRECを「ディレクション

地味だけど、現場を仕切ってアーティストにのびのびと表現してもらう
大切な仕事です 愛とリスペクトが全てです


この日ジョージくんが
「今までで一番楽しいレコーディングかもしれない」
みたいなことを言ってくれた
嬉しすぎる!

 

 

 

 

*己と向き合う

f:id:harudoriblog:20180606195944j:plain

伊藤弘パイセン(カケラバンク)と
何年振りだ?ってくらいの会合
アキドリ時代から、どうしようもなく行き詰まったらかならず相談していた
己の本質と
他人の本質と
常に真剣に向き合ってくれる人です

 

この日もぼくが無意識に隠しているような心のドアの中まで
頼んでもないのに何も言わず入ってくる笑
弘さんの本気が伝わったもんだから
気合い入れ直して 夢中で
本音をぶつけ合いました

 

他人と向き合うってことは己と向き合うことだ
世界は鏡とはまことの話だ

 

ひろむさんありがとう

 

 

 

⭐️⭐️⭐️LIVE INFO⭐️⭐️⭐️
※予約はharudorimail@yahoo.co.jpまで
日付・お名前・人数をご明記の上送信してください♪


■6月23日(土) 東京・幡ヶ谷 36°5
【ひだまりの家vol.2】
料金2500円(ドリンク別) ※要予約
開場17:30/開演17:45
w: 聞間拓/澪/北村海/ナカノユウキ/テリヤキチキン/やちよゆゆ

f:id:harudoriblog:20180428230424j:plain

 

挑戦・真っ最中!

カバー動画のフルバージョンを
YouTubeで公開してみました

 


Changing point / i☆Ris オレ男だけど歌ってみた かった


To see the future / レン(楠木ともり) SAOAGGO オレ男だけど歌ってみた かった

 


希望の唄 / ULTRA TOWER 歌ってみた

 

たぶんさ
この選曲って
このブログ読んでる人にはかなり縁のない選曲だと思うんですよw

 

そう、ぼくはアニソンが大好きなんです
これは趣味と実益を兼ねた挑戦で
アニソンが好きな新しいリスナー層へのアプローチなんだけど
普段そう言うの聴かないような はるどりリスナーの皆さんにも
新しい好きな曲が見つかったり
オリジナルじゃあんまり聴けないようなぼくの声とか
ぜひ発見して欲しい 発見させられるようなものにしたいって思って
やっています

 

とにかく 毎日が 試行錯誤だ!

 

こんなの歌ってほしいとかリクエストあれば
ぜひとも教えてください!
リクエストはアニソン縛りじゃなくていい!w

 

 

 

あとはね
インスタをメインに
ミニコラムを始めました

「today's love」

https://www.instagram.com/p/BimHuIWh1gi/

【インスタントコーヒー極限まで薄めてもあんまり気付かれない説】

仕事のお供は絶対コーヒー
一時期ネスカフェゴールドブレンドを飲んでて
「どれくらい薄めても人はこれをコーヒーと認識できるのか」
と疑問に思ったことがあり
気の知れた客人がうちに来た時に試したんですよね 数日かけて

【初日:スプーン1杯強】・・・公式推奨 これはインスタントのニオイがきつくてぼくは苦手です
【2日目:スプーン半杯】・・・全くバレません 香りがちょうどいいアメリカンみたいな感じで悪くないです
【3日目:スプーンにちょろっと】・・・話に夢中になってればバレません 一瞬客人がコーヒーを二度見した気がしますが気のせいでしょう 驚くことにまだコーヒーを飲んでいる実感はあります 色も薄くないです これはもしかして
【最終日:粉2、3粒】・・・名実ともにほぼお湯です 色のついたお湯です 客人はノーリアクションなのでネタばらしするとこれまた薄いリアクションで「鼻炎が長引いていて味も香りもよくわかんない」とのことでした

結論:鼻炎の客人に出す飲み物は 今後お湯でよい

・#長文#駄文#todayslove#ネスカフェゴールドブレンド

 

 

 

こちらはなるべく多めに投稿しようと思います
楽しめたり面白かったら ぜひいいね押してくれたら

チョーーー励みになる!!!

 

 

ライブも近づいてきた
心のエネルギー満タンで
最高の歌を届ける
6月23日、ぜひ来てほしい!

 

 

⭐️⭐️⭐️LIVE INFO⭐️⭐️⭐️
※予約はharudorimail@yahoo.co.jpまで
日付・お名前・人数をご明記の上送信してください♪

 

■6月23日(土) 東京・幡ヶ谷 36°5
【ひだまりの家vol.2】
料金2500円(ドリンク別) ※要予約
開場17:30/開演17:45
w: 聞間拓/澪/北村海/ナカノユウキ/テリヤキチキン/やちよゆゆ

f:id:harudoriblog:20180428230424j:plain