成人式で歌ったり、笑ったり。〜ライブインフォ!

■1/7 山口県宇部市 成人式

なんとまぁ、はるどりがですね、
地元宇部市の成人式で歌わせていただくという、
なんとまぁ、光栄なお仕事をいただきまして。
行ってきました、渡辺翁記念会館!!!

f:id:harudoriblog:20180110192439j:plain

宇部市でいう、グランキューブ!
もしくはhatch!
もしくはZepp!!

的な、ほんと、象徴的な施設です。
まさかここで歌う日が来るとは。

 

ぼくが去年、作詞・作曲・編曲・歌を担当した

「Uh!Baby(ウーベイベー)」

っていう、まぁ読んで字のごとくな歌がありまして。

 

宇部市の象徴を歌詞に詰め込んだ歌なんですけど、
ダンスもついてるんですね。
それを

f:id:harudoriblog:20180110192555j:plain
この可愛らしいダンサーズと一緒にやってきました。

地元のダンススタジオの生徒さん達で、振り付けは先生。
みんなめっちゃくちゃ上手くてキレッキレで!
自分の曲にダンスがつくのはすごおおおく久しぶりのことでしたが・・

f:id:harudoriblog:20180110192522j:plain

f:id:harudoriblog:20180110192531j:plain

f:id:harudoriblog:20180110192540j:plain

なんかすごかった〜〜〜〜〜!!!(アホな感想 笑)

 

こんな形で地元の大切な日に関われるなんて、本当に幸せな時間でした。

 

制作スタッフの皆さんはスペシャリストと有能な方揃いで、素晴らしい出会いが盛りだくさん。
ダンスチーム電光石火はほんまにめっちゃかっこよかったし、
チーム・無所族のお芝居もめちゃめちゃ面白かった!
司会のアナウンサー清水のぶよさんは、安定感抜群!かわいくてやさしくて好きw
音響チームを率いていた中村先生はユーモラスですけべで(笑)後輩思いなすごくかっこいい人。
プロジェクトリーダーの真部さんは宇部の歴史を本気で愛し、発展へ向けて情熱を注ぐすっげ〜〜面白い人だった!
全員とお話はできなかったけど、ほんまにほんまに熱くて素晴らしいチームで、こんな人たちに支えられてぼくは歌ったんだなーと、改めて誇らしかったよ!

 

ほんまにみなさん、お疲れ様でした!

 

 

 

 

■1/8 山口宇部 イシイバレエスタジオ【UH!BABY LIVE】

f:id:harudoriblog:20180110192456j:plain

ウーベイベーのポーズ。

 

ウーベイベーのプロジェクト、音楽チーム総出で企画していただいたイベント。
宇部市で一般向けにようやく、ウーベイベー歌えました!

f:id:harudoriblog:20180110201718j:plain

「Tap's」のボーカルひろこさんと、ベースともえさん、チーム無所族の「町田あつし」さんが、「無茶振りうろ覚えダンサーズ」として参加してくれましたw 客席にもいましたね!

成人式とはまた違って、めちゃ楽しかった!

つぎは早めにLINEするのでキレキレで踊りましょう!w ぼくもおどりたーーーい!!

 

SET LIST
1.あふれだす
2.ジュビリー
3.I LOVE YOU and MUSIC
4.チャームポイント
5.Uh!Baby

 

f:id:harudoriblog:20180110201711j:plain

 

この日は個人的に超絶エモかった。(エモいがわからない人はググってくださいw)

プロジェクトのボス・タッパチさんが所属する「Tap's」、ひたすらひたすら楽しいライブで、ぼくは一撃でファンになりました。「みんな平等にへたくそ」がモットーらしいのですが(笑)いやなんだろ、テクニカルじゃないけど、音に楽しさがこもりまくってて、一体感が凄かった。ひろこさんの明るいパフォーマンスは、元気がないときにもぜひ見て元気補給したい!と思うような、本当に素晴らしいステージでした。

凄腕の先輩クリエーターで、ウーベイベーのミックス・マスターを担当してくださった、たくまるさんと、ボーカルkirinaさんのユニット「アオイロ*クオリア」さん。お二人とは、楽曲が出来上がった頃に一度お会いしたのですが、再会で一緒にライブができた喜びよ。とても優しくて繊細なお二人で、大好きです。これからもぜひ、音楽でもプライベートでも仲良くしていきたい!

演歌歌手でシンガーでもある「頼田悠李」さん。宇部ダンスでは「アニマルダンス」という可愛い曲を作詞作曲しております。海のような柔らかでおおらかで心にすっと染み込んで来る歌で、大切にバトンを渡してくれました。でっかい背中を見せてもらった。積み上がった珠玉の技術に、新しい挑戦と遊び心がちりばめられている。地元にこんなに素敵な先輩方がいるんだ!!と、この滞在では何度も誇らしく頼もしく思いました。

 

はるどりのライブでは、久しぶりの宇部ライブを楽しみにしてくれていたお客さんが居てくれて、CDで覚えて口ずさんでくれてたりして!めっちゃ喜んで楽しんでくれて、、

ほんとに、みんな来てくれてありがとう!!!

CDもたくさん旅立ったよ。ありがとう!!!

 

 

そこから打ち上げ。
みんなまったく惜しむことなく心のドアを開いてくれたように思えた。
特に頼田さんと、成人式チーム真部さんと田中さんとはたくさん言葉を交わした。
話しているときは、本当に心地よくて、温泉に浸かっているようだった。

ぼくは未完成で未熟だ。それを包容して、それでも(だからこそかもしれない)ぼくのことを認めてくれた上で、先駆者として道を示してくれる。

 

 

 

成人式の日もね、音響チームリーダーの中村先生っていう、ザンクロブルースっていうライブハウスオーナーで宇部の重鎮がいまして。
初対面のぼくを「おれもう一軒行こうかと思うけど、来るか?」と誘ってくれて、
もう一人宇部の重鎮、ビッグヒップのオーナー西田さんって方も交えて、
宝物みたいな言葉をいっぱいくれました。

 

 

 

帰り道、タッパチさんに送ってもらう。何から何まで世話になっている。w

「どう、話できたか?」

「はい!めちゃくちゃ!全部タッパチさんのおかげです。昨日も今日も、ほんとうに素晴らしい出会いと経験になりました!しかもみんなすぐに心を開いてくれて。素晴らしい人ばっかりですね!」

そう言うとタッパチさん嬉しそうに笑った。

「それやったらよかった!おれの仲間はいい奴しかおらんけえ!」

 

最高の言葉だ!

 

本気でたくさんのことを教えようとしてくれる上の世代の方と、
本気で自分の役割を果たそうとする若い世代の人たちと。。

 

故郷の仲間からいいものばかりを、もらって東京に帰って来ました。

 

東京に来てから、、というか、ワンマンの少し前からずっと。
ひたすら焦燥に駆られて、それは計画通りなんだけども、なかなかその出口が見えずにいたんです。
少しずつでいいから、懸命に、まっすぐに、確実に、
ぼくはぼくの道を、描いていこう。

 

そして会いたい人に会いにいこう。

 

宇部で一緒に笑ってくれた皆さん、ありがとう!また会いにいくけえね!

 

 

---------------

 

 

さて、東京での歌初めは1月26日!
初めての場所での初めての人とのライブが決まりました。
1月31日のナカノステレオも、
2月11日の岩佐くん企画も、
どれもオススメです。

 

はるどりの活動も2年目ってことで、今は曲を入れ替えていく挑戦をしています。
この3本、新しい曲をたくさん聴いてもらえると思います。
ぜひ!きて!

 

 

■1月26日(金) 東京 池袋mismatch
http://mismatchikebukuro.com
【LOVE LIKE LOVE LIVE vol.2】
開場18:00/開演18:30
前売り3000円/当日3500円(ドリンク別600円)
出演:
chunky brat/たっくん/はるどり

前売券お問合せ:
ticket@mismatchikebukuro.com
希望日・お目当てのアーティスト・枚数・お名前・連絡先を明記の上、送信してください。


■1月31日(水) 東京新井薬師前 ナカノステレオ
【ナカノステレオpresents「Nステ#3」】
開場18:30/開演19:00
2000円(ドリンク別)
出演:
はるどり/宮川鉄平/安藤匠/千年弘高/and more


■2月11日(日) 東京・池袋 FIELD
【オトノハネVol.1】
開場18:00/開演18:30
前売2500円/当日3000円(ドリンク別)
出演:イシヅヤシン/岩佐圭介/田森理生/はるどり

ザ・ごあいさつと雑記

\あけおめーーー/
f:id:harudoriblog:20180104021600j:plain

 

戌年なんでまぁ、我が家の愛犬で幕開けです。

 

 

大晦日は適度に仕事をしてから、一人で紅白観ながらひたすら飲み食い。。。
年越しそば。。。

f:id:harudoriblog:20180104021524j:plain

 

そして、朝青龍の強さを見届けてから、
食い過ぎてあまりに苦しいので、黒烏龍茶を買いに外へ出ますと、

 

f:id:harudoriblog:20180104021549j:plain

いやね、近所に神社があるのは知ってた。知ってたけども、

f:id:harudoriblog:20180104021537j:plain

こんなに風情豊かな初詣行事をやっているなんて!!!
一気にこの町の好感度が上がりました!

f:id:harudoriblog:20180104022140j:plain

甘酒の配布なんかもやってて。甘酒ね。おいしくないね!笑

 

 

 

ほんでもって夜が明けたら

f:id:harudoriblog:20180104021513j:plain

おせちでんがな〜でんがなまんがな〜!

 

 

あんねー、こうして一通り、季節のお決まりをなぞるってのがね、
ぼくが楽しく日々を送るのに必要みたい。

ひねくれ者なんで、「行事?どーでもいいんじゃい」「大企業のビジネスチャンスに踊らされるのはごめんじゃい」「恵方巻き高いんじゃボケ、切ってないぶん安くしろやボケ」とか思ってるんですけどね。
根は素直なんでね。
祭りには参加したいタチなんでね。

 

 

そんなこんなで3が日。いやはや、太りました。もう太るの飽きた。

 

 

 

正月は1月7日、ぼくの地元・山口県宇部市の成人式で歌うんですけど、その練習をしていました。

ぶっちゃけね、自分の成人式すら出てないんですよ。

自分の成人式の日は、兵庫の一人暮らしの部屋で一人で人を撃ちまくるゲームやってたよ。(これだけ聞くと闇がやばい)

そんな超絶陰キャラなぼくが。。

成人式で歌う日が来るとは。。

と、なにかよくわからない怯えに駆られながら練習しています笑

 

ちょっと、カバーなんかもやるんですよ。

カバーって本当に難しいのね。本人に似せても本人にゃ敵わん。自分らしさだけでも、本人にゃ敵わん。自分がこれを歌う意味、っていうのをずっと探してる。

自分の曲の方がよっぽど簡単だよ。

上手に歌える人はほんとすごい。

 

 

成人式の翌日がね、同じく宇部で一般向けのライブなんでね、

もし成人式の日に手応えがあればこの日もカバー一曲挟もうかな。

わかんないけど。

やらなかったら、何かを察してください笑

 

 

 

僕が心からドキドキできるもの、
心から好きだと言えるもの、
もう少しでわかりそうなんだ。

それがわかれば、あとはただ、行くだけだ。

 

とりあえず今日はもう寝る・・・

今年もよろしくお願いします!!!

 

 

 

 

■■■ライブスケジュール■■■

ご予約・お問い合わせは harudorimail@yahoo.co.jp まで!

 

■1月8日(月・祝) 山口宇部 イシイバレエ スタジオ
【UH! BABY LIVE】
開場18:00/開演18:30
前売2500円/当日3000円(1ドリンク付)
出演:
はるどり (「Uh! baby」作詞・作曲・編曲・歌)
頼田悠季 (「アニマルダンス」作詞作曲)
アオイロ*クオリア (「アニマルダンス」編曲・歌)
tap's (UBEダンス・プロジェクトリーダー所属)

f:id:harudoriblog:20171207232142j:plain

 


■1月31日(水) 東京新井薬師前 ナカノステレオ
【ナカノステレオpresents「Nステ#3」】
開場18:30/開演19:00
2000円(ドリンク別)
出演:
はるどり/宮川鉄平/安藤匠/千年弘高/and more

おおみそかによせて

2017年、関わってくれた皆さん・・・
f:id:harudoriblog:20171231143458j:plain


ありがとーーーーーーーおほほほほほ・・・(泥酔)
f:id:harudoriblog:20171231134359j:plain

 

29日に1日だけ、弾丸帰省してきました。

今は無事、ボッチです。

どうしてこんなことになってしまったんだろう。

こんな日に仕事入れたやつ、ぜったいゆるさんマジ本気、

あ、ぼく、フリーでした・・・

 

 

今年は、シンガーソングライター「はるどり」活動一年目、
そして作曲家・アレンジャー「はるどり」としても実質始まりの一年ということで、
あちこちに頭ぶつけまくりながらも、なんとかやると決めたことをやり切ることはできたかなと、
東京は、ひとりぼっちの部屋で噛み締めています。

 

今年の初めから決めていたこと。

・嘘つかない
・いっぱい人に会う、いっぱい人と話す
・好きな人には好きって言う
・たくさんライブをする、場数を踏む
・作曲家業も数をこなす、来た仕事は断らない

 

そして途中から決めたこと。

・上京する

 

ほぼコンプリートです。

 

ライブは週一〜二と、めっちゃたくさんはできなかったけど・・
合格点あげていいでしょう。

 

 

2016年は「ゼロになる」一年。

2017年は「地面(ゼロ)を離陸(テイクオフ)する」一年だったって思う。

2018年は「飛躍(フライハイ)」の一年にしよう、そう思います。

 

 

結果を出す。

 

 

ぼくがかなぐり捨てて来たプライドと恥。

引き換えに得たのは、自信と誇りだ。

 

似てるようで全く違う。

 

プライドと恥は「肩書きとか、所有物」

自信と誇りはこれこそ「地面(ゼロ)」だ。

全てを捨てても、そこにあるもの。

 

転ぶのも、傷つくのも、間違うのも、そりゃ怖いけれど、

大丈夫だぜって、心が言ってる。

 

 

---------------

 

 

今年58本のライブをして来ました。綺麗にだいたい週一です。

拠点大阪ではもちろん、
東京、名古屋、そしてふるさとの山口や、福岡でも。

 

アキドリからのファンの方、

新しく出会ってくれた方。

みなさんが客席で笑顔を咲かせてくれるだけで、

どれだけ救われたかわかりません。

 

ブログやSNSでのコメント、ライブ配信の視聴とかも含めて、
みなさんの応援は想像以上に温かく、想像以上に力をくれるものでした。

 

どんだけ気落ちしてても、それだけで

あっという間に元気になれちゃうんだなって、実感しました。

こんな時のために自分は歌を歌っているんだなって、いつも感じました。

 

ワンマンライブに来てくれた方にはちゃんと感謝を伝えられたけど、
この場を借りて心ばかり、、

 


こんなぼくを、

応援してくれて、

愛してくれて、

本当に本当にありがとうございました。

 

2018年もどうか、

ぼくの音楽の日々と、

生まれる歌や言葉たちを、

どうか愛し、応援してくれたら、

こんなに幸せなことはないです。

 

f:id:harudoriblog:20171231155302j:plain

 

まだまだこれから、見ていてね。

 

良いお年を!

ぜんぶまるごと

引越しから約10日。

はるどり、げんきですよーーーーー!!!
めりくりーーーーーーー!!!!!

f:id:harudoriblog:20171224142544j:plain

↑使い勝手の良さそうな一枚です笑 (photo by yamboo)

 

 

東京暮らしはどうだい?

と会う人会う人に聞かれますんで、ここでも書きますが

 

家賃高い

部屋狭い

ジモティー!!!

 

という状態です笑

 

いやね、

大阪にいた頃はね、

生意気にも12畳くらいの1DK、ちょっと広い部屋に住んでたんですよ。

 

ほんで、引っ越すとなって、

絶対スペース足りない

これは分かっていたことでして。

 

だから、引越し直前に、山口の実家めがけてエグい量の荷物を着払いで送りつけ、

「大量の荷物がいきます!あと着払いでスンマセン!」

とメールを両親にぶん投げ苦笑を買ったんですけども、(いや本当ごめんなさい)

 

まー、全然ダメでした。

ぜんっぜん入らない。

12畳くらいの部屋から6畳の部屋へ。

これは大変なことです。みんな気をつけて。

それなのに家賃は大阪時代よりガツンと上乗せです。たけー!!!!

もう無理、田舎住みたいw

 

 

とかホームシックになってる時(なってない)、友達に教えてもらったのが「ジモティー」。

ジモティーがどういうものかはググっていただくとして、
まー、便利ですね。
要らないものが次々ともらってもらえる。
買ってもらえたりもするし、それが新しい家具の足しにもなってる。
変なやつもいっぱいいますけど!
女性は利用に気をつけてね。自宅晒しちゃダメよ。

 

そんなこんなで・・・

f:id:harudoriblog:20171224140047j:plain

整ってきました!

うおおおお、、、すてき。

 

 

なんかね、狭い部屋に住むの、悪いことばっかじゃなくて。よかったこととしては、

 

◎頭を使って部屋を作るので、愛着がわく!
考えるべきは1にも2にも収納です。ぼくが一番目から鱗だったのは、「平面で考えれば狭いスペースも、立体で考えれば2倍3倍にもなる」ということでした。都会に3階建ての一軒家が多いですが、ほんまそういうことやなと。広い部屋で豊かにスペースを使うのも楽しいけど、狭い部屋と限られたスペースをカスタマイズするのもなかなか冒険心くすぐられます。

 

◎エアコンの効きが段違い(すぐあったまるよ!!!)
やばいっす。ソッコーであったまる。6畳最高。

 

◎ものが減らせる
断捨離せざるをえません。必要に迫られると、まだまだ捨てられたんだなと思う。断捨離をするのは、自分の核心と向き合っているような感覚さえある。ぼくに本当に必要なものはなんなのか?!そういうことなんだよ!きっとね!(?)

 

 

 

■人生の目的を思う

さてさて、人に聞かれた時は、うまく言葉にできなくて言ってないんですけど、東京に引っ越してよかったな、って毎日思ってる。思った通りだった。理屈じゃなく、今の俺には必要な行動だったと思う。

狭い部屋の収納に頭を使うことだって、東京じゃなきゃありえなかった。他県だったらもっと安くて広い部屋はいくらでもあるもんね。

上の写真のシェルフ(棚)は、横浜のIKEAまで車で行って買ってきたんですが、これも「タイムズカーシェア」「都会でのドライブ」「IKEA」初体験づくしだった。

東京の馴染みのハコに、終電過ぎまで入り浸ったのも初めてだし、
そこここの店長とたくさん話したのも。

 

東京の世話になってるプロダクションの忘年会に参加できたのも。
f:id:harudoriblog:20171224140135j:plain

 

インターネット開通でオプション地獄に見舞われるのも
f:id:harudoriblog:20171224152546j:plain

知らない街をチャリで疾走するのはいうまでもなく刺激的で
f:id:harudoriblog:20171224152501j:plain

ネット全盛の時代。
わざわざ都会へ移り住むメリットがわからない・・・と、
大阪で何度か言われました。

 

こないだ林先生がテレビで言ってたんですけど、

「今の時代、本屋に行かずにネットで目的の本に直接アクセスして、購入できる。本屋に行くと、目的の本を探す間に、別の気になる本とかも目に入って、それも買っちゃったりする。その寄り道、余剰、それが『知』なんですよ

 

現代は無駄を省ける世の中になっている。

意味のないことはやらない、そんな人が増えている。ぼくだってそうだった。

ぼくはずっと、自分が見ることのできる世界の狭さが嫌だった。退屈だった。窮屈だった。

自分を変えるきっかけを探し続けて、それは意外と単純なところにあると去年わかった。

「他人と関わる」ということ。もっというと「他人が大切にしているものを、自分も体験してみる」こと。に尽きる。

それは劇的に、視界を広げてくれた。好きな人やものが多くなって、友達も増えた。

きっと少し前の自分なら、「仕事と関係ない人と会ったり話したりする時間は無駄。そんな暇あるなら曲作れ、ストリートしろ」と思っていたと思う。

 

 

そうじゃないよね。

やっぱり何もかも、体験することこそが価値なんだと思う。

 

 

「音楽で売れるには東京に行かなきゃ」という時代ではない。

だけど、

「売れてる人は東京に集中してる」のは間違いない。

ぼくが目指す人たちが、

何を見て何を感じ何をしているのか、

 

見に、来た。

 

 

 

 

 

■12/16 『HAMA Fes.~繋がった 繋がりを 繋げて~supported by 平原食堂』

f:id:harudoriblog:20171224140204j:plain

Facebookより〜

ワンマン以来のライブは、東京引越し翌日!
個人的には、メッセンジャーリリースから一年という節目で、ジャパンフォーク時代の仲間と歌うことや、なんとかこの一年、自分との約束を守り続けたということで、勝手に思いのこもってしまうようなライブになりました。

初めて会った橋本優紀くん、なんだかまさしく20代という感じのギラギラした野心に満ちていて、自分の中の野生もくすぐってくれました笑 負けらんねーな!

Icchieは超絶進化していてびびったし、
篠木晋也のタイムレスな楽曲と雰囲気は僕らの青春を呼び覚ますものでした。

ちなみに主催のハマさんは写真の中央、僕と顔がクリソツの人です。
ハマさんありがとうございました!

 

SET LIST

1.まいにち
2.チャームポイント
3.ジュビリー
4.smile
5.あふれだす
6.メッセンジャー

 

平原食堂のインスタバエ抜群バンバンジー
f:id:harudoriblog:20171224140219j:plain

関西の仲間、てふちゃんにも会えた! 
f:id:harudoriblog:20171224140157j:plain

 

「おれ、売れたいですから。来年も頑張ります」

 

というMCをした。

終演後、水野店長が
「はるさん、また出てくださいね。うちは売れるとかに直結するハコじゃないけど、できる限りの事はしますんで」と言ってくれて

ああ!それは誤解なんだよーーー!と思った。思ってる。

 

ロクドゴブはね、いつだってやれる限りの事をしてくれてるよ。

やれてないのは、ぼくだ。

つまるところは演者自身の集客力、発信力であり、価値であり。

それを受け止め受け入れ、発する手伝いをするのがハコなんだ。

 

 

 

■12/19 板橋ファイト! 【チョモ La パラダイス vol.31】

f:id:harudoriblog:20171224152919j:plain

SET LIST

1.そばにいてbaby
2.チャームポイント
3.メッセンジャー
4.まいにち
5.あふれだす
6.smile

 

悔しさばかりが残ったライブだ。
チョモパラリベンジしたい!
先輩におんぶに抱っこじゃダメなんだ!

チョモくん、いつもありがとう。

 

 

 

■■■information■■■

 

■1月8日(月・祝) 山口宇部 イシイバレエ スタジオ
【UH! BABY LIVE】
開場18:00/開演18:30
前売2500円/当日3000円(1ドリンク付)
出演:
はるどり (「Uh! baby」作詞・作曲・編曲・歌)
頼田悠季 (「アニマルダンス」作詞作曲)
アオイロ*クオリア (「アニマルダンス」編曲・歌)
tap's (UBEダンス・プロジェクトリーダー所属)


■1月31日(水) 東京新井薬師前 ナカノステレオ
【ナカノステレオpresents「Nステ#3」】
開場18:30/開演19:00
2000円(ドリンク別)
出演:
はるどり/宮川鉄平/安藤匠/千年弘高/and more

 

ゼロになる

千と千尋の神隠し」って映画が高校の頃公開されて、

今までの宮崎駿作品とは一線を画す圧倒的シュールさに、初見では何が何だかちんぷんかんぷんだったんだけど、当時高校の先輩が

「あれはさ、要するに引っ越しの話なんよね。
冒頭と最後の引っ越しのくだりが本筋で、
中間の話は本当は何でもいいんよ。」

って話してて、それを踏まえて観てみるとやけに腑に落ちまくって最後の「いつも何度でも」を聴きながら泣いた覚えがある。

 

千と千尋で泣いたのはそれっきりで、それからは何回観てもさっぱり分からん年月が続いてるんですけど笑

引っ越しに際した今、改めてまた観てみたいなぁって思ったりする。

 

 

15年間使ってボロボロのテーブル。さらば。

f:id:harudoriblog:20171214175014j:plain

 

人生で一番曲を作った作業スペース。
ここで生まれた歌に、何度救われたか。
さして防音もしてないのに、よくぞ耐えきってくれた笑

f:id:harudoriblog:20171214175041j:plain

 

ゼロになった部屋から旅立ちの時。

f:id:harudoriblog:20171214175025j:plain

 

これあんまりわかってもらえないんですけど。
僕いつも引っ越しする時、空っぽの部屋見ると胸がいっぱいで泣いちゃいそうになるんですよね。
どんな嫌な思い出が詰まった部屋だとしても。

 

 

でも今回は、そこまで感慨はなかった。

それはきっと

 

《輝くものは いつもここに

わたしのなかに 見つけられたから》

 

(「いつも何度でも」より)

 

 

 

 

さあ、明後日は上京初のライブです。

はるどりライブ今年最後かもしんない。

ぜひお越しください!

 

 

⭐︎今年ラスト?東京!⭐︎
■12月16日(土) 東京・幡ヶ谷36°5
【『HAMA Fes. 〜繋がった 繋がりを 繋げて〜』supported by 平原食堂】
開場18:00/開演18:30
料金:前売2500円/当日3000円(ドリンク別)
出演:橋本優紀/はるどり/Icchie/篠木晋也


■1月8日(月・祝) 山口宇部 イシイバレエ スタジオ
【UH! BABY LIVE】
開場18:00/開演18:30
前売2500円/当日3000円(1ドリンク付)
出演:
はるどり (「Uh! baby」作詞・作曲・編曲・歌)
頼田悠季 (「アニマルダンス」作詞作曲)
アオイロ*クオリア (「アニマルダンス」編曲・歌)
tap's (UBEダンス・プロジェクトリーダー所属)

f:id:harudoriblog:20171207232142j:plain