一生かくれんぼしてろ

大阪は難波で某SSW(もうすぐソニーからメジャーデビューする、YouTubeで跳ねまくってる人)が

ストリートライブを敢行して

当然ながらバチクソ密に、、

 

 

というツイートを拝見

 

 

…( ˙-˙ )←軽蔑の目

 

 

 

 

 

この件でおこなのは

当然ながらまず

大阪で頑張ってる

ミュージシャンたちや

音楽関係者たちよね

 

どこもかしこも潰れそうだし

もう食えてない人も大勢おる

それでもただでさえ

春先からどこぞのゆりこのせいで

風向きの悪い音楽業界だ

これ以上現場からコロナ感染者を出したら

業界全体の信用失墜に繋がりかねない

 

だからこそみんな工夫して

慣れないネットを使って

この状況でも提供できるコンテンツや

お金を回せるシステムを必死で作ってるよ

 

 

全部全部

自分たちだけのためじゃないよ

 

みんなが

みんなのために

動いてるんだ

 

自分のためだけなら

きっともっと

なんとでもなる

 

でもみんな

音楽文化自体を守りたくて

自分たちを救ってくれた全てを守りたくて

必死で泥水飲んでるんだ

 

 

こんなこと、

このブログでコロナ対応にかこつけて

旧態依然としたライブハウスシーンを

ボロッカスにdisったおれが

言える立場じゃないのは、まあ承知だ

おれはもう現場には居ないし

そこにいる人たちの

本当の苦しみは分からない、分かりようがない

 

ただ、そんな

批判的立場にいるぼくでも

かつての仲間たちがいま

どんな思いで

どれほどの苦境にいるかくらいは

容易に想像がつくんだよ

 

たとえぼくが個人的に

気に入らないやり方でも

それが、音楽や演者に

愛があるものかそうじゃないかくらい

分かってる

 

少なくとも

今も無観客ライブを工夫してたり

感染防止ガイドラインを必死で厳守してたり

潔く営業を止めて別の金策をしてたりするところは

めちゃくちゃ愛があるだろ

自分だけじゃない

音楽文化自体を守ろうとしてるんだよ

今はそういう段階なんだ

これ以上信頼失うわけにはいかない

 

 

と、

いうところで…

ドカンと登場!

 

人気SSW、ふつうにストリートライブ敢行!

→え、、、え?笑

 

アホな演者の独断ならまだしも、バックにはソニー

→個人的にはここが絶望感高いw

 

集まったミーハー客は見たところ殆どマスクもしてない!

→全員、熱出せ

 

 

 

 

さあ、皆さん

ご一緒に!!!!!

 

 

 

炎上しろ!!!!

 

 

 

この、「やったもん勝ち」な感じ

自分のためだけでなく

苦しみながら耐えている

関係者すべての血と涙を

踏みにじる行為とぼくは思う

 

どうして野外フェスが中止されてるのか

なんで考えられないんだろう

ライブも野外フェスもダメなら

ストリートやっちゃえばいいじゃん!

ってなったのかな?

頭悪そうだしこいt(おっと)

 

いや自分の歌歌うヤツらなんて

全員もれなく

気の狂ったナルシストなんで(暴論&ブーメラン)

その発想自体はまあ、まあ、

2億歩譲って許そう(どこから目線)

 

だがソニー、ただしくはSMEか?

てめーらはダメだ

あいつのマネジメントに関わってる奴

もし万一おれ会ったらほんまに

いっちゃうかもしれないな!

バカなの?しぬの?

 

 

「やればやるだけ人気が出る」

人生確変、未曾有のチャンスに

アーティストの脳は焼かれ

動かずにはいられなくなる

ふつうのことだ

それを制御して、現実的に実行可能にするのが

大人の役割だろうが

オメーラ何のためにいんの?

心の底から軽蔑するわ、SME

 

 

なんつって

アーティストを庇うようなことを

言ってますが

今回に関してはわたくし全力イライラ

アーティストも、ソニー

 

炎上しろ!

むしろ

焼き尽くせ!!!!笑

 

 

 

今の時代

多少の炎上だと

あちらのメリットにしかならんからな

半端はよくないぜ

こんな勘違い野郎とクソ事務所

骨も残らねえくらい

焼き尽くせ!!!

 

※これは個人的な歪んだ感情であり

実際は恐らくそうはならないし

ぼくにはなんの影響力もないので

えっと、ご安心ください

 

 

 

 

ボロカスに焼き尽くされて

3年後くらいのほとぼりが冷めた頃に

東京の田舎らへんで

こじゃれたライブバーとかやって

昔の武勇伝ばっかり語る

うぜえおっさんに

なれ笑

くそ! くそ!!!! くそ!!!!!!!! くそ!!!!!!!!!!!!!!

インプットは何してる?映画とか?

 

と先日先輩に聞かれて

答えた

 

YouTubeのカバーです

 

------------

 

ミュージシャンだけでなく

「表現=アウトプット」

をやる人にとって

その反対、インプットの質

というのはものすごーーーく大事

 

分かりやすく言うと

インプットは食事

アウトプットは運動ですな

 

 

すごいミュージシャンほど

ものすごく映画に詳しかったり

ものすごく多趣味だったり

海外あちこち飛び回ってたりするやん?

 

あれは単純な娯楽ではなく

仕事の一環とも言えるわけで

輝くものを生み出し続けるためには

鮮烈な刺激=栄養を取り入れ続けなければ

どんな天才でも速攻で空っぽになっちゃう

 

 

かくいうぼくも

インプットは積極的にしてて

映画やアニメは息するように鑑賞するし

毎朝の散歩やYouTube岡田斗司夫ゼミとか

そんなあたりが日常的なインプット源と言える

 

 

でもこれらはもはや日常化していて

刺激とはちと違う…

 

 

読者のみんなにどれくらい

伝わってるかわからんが

ぼくは去年までと比べて

今年からは圧倒的にアウトプットに力を入れています

 

フルアルバムリリース

さらに2枚目も作ってる

SNSではやかまし

ここでは秘めた心の内までぶっ放す

 

ここまで積極的なアウトプットを行うのは

マジでアキドリの時以来でさー

どうしてだろうね?

ぼくはほぼ

自分の才能には見切りをつけてたはずなんだ

出してもどうせ売れないものは

作りたくないって本気で思ってて

 

でも今は

そんな理屈すら吹っ飛ばすほどに

表現したい欲求が高まっている

才能のあるナシなんか知るかよ

昨日よりも良いものが出来そうなんだ

やるっきゃないだろう?という炎が

ぼくの中の理性を焼いて狂わす

 

 

そんな様子を見て

先輩から聞かれたのが

おまえ、インプットは何してる?映画とか?

 

 

映画?アニメ?マンガ?人とのコミュニケーション?

いいや、、、どれも最早日常だ

自分を保つため欠かせないものではあるが

今の理屈に合わない行為の原動力ではない

 

 

人を強烈に突き動かす原動力はえてして

怒り

悲しみ

嫉妬

憎しみ

悔しさ

嫌悪感

そう、マイナスの感情だ

 

ぼくの中に渦巻いているのは

きっと…

 

------------

あまりに高すぎる山の上で

天才たちは今日も更なる高みを目指してる

ぼくはというとその

山の麓ですらない泥だまりで

山を目指して歩くでもなく

山の上で輝くあいつらの絵を描いて

道ゆく人に見せてるだけ

これが、ぼくのカバー活動だよ

カバー動画なんてやりたくない - はるどりブログ 「オレの親友に似てる」

------------

 

ぼくが今

いちばん人から

すごいすごいと褒められているのは

YouTubeでのカバー活動

それはぼくにとって

すごいことでもなんでもないんだ

仕方ないからやってる

おれには才能がないから

天才たちに乗っかることしか

今は最善手を思いつかないから

 

内心は

くそ!

くそ!!!!

くそ!!!!!!!!

くそ!!!!!!!!!!!!!!

 

おれは何やってんだ!!!!!!!!!!

 

 

おれもこいつらみたいに

思う存分に表現したい!!!!!!

 

 

そんな気持ちがいつからか

胸の中に芽生えていた

 

 

世の中には「神曲」が生まれ続けてる

売れてる曲をぼくはカバーしまくってるが

その全てに最大のリスペクトをもって

歌ってるつもりだ

売れてる曲はどの曲にも

ゾクっ!とするポイントが必ずある

懐古主義の人たちが言うような

「今の音楽シーンつまんない」なんてことは

決してないと、腐っても現役プロのぼくは言い切るよ

そんなゾクっ!

ぼくは最前線で味わい続けてる

コードもメロも

完璧に近い精度でコピーしてるからこそわかる

自分の感じたゾクっ!を表現しようと

ありとあらゆる総力を尽くす

その過程でいつも痛烈に思い知る

ヒット曲に詰め込まれた

圧倒的な才能と華、繊細なサウンドメイク、練り上げられた技術

それらすべてにぶん殴られながら

ぼくは毎回カバー動画を作ってる

 

カバーなんてやりたくない

これは今でも変わらないが

カバーをやってなければ

ぼくはここまで

メンタルをぶん殴られることは

少なかっただろうと思う

 

そしてそれを

300曲にも上るほど

ぼくも積み上げてきたんだ

 

輝くものに殴られて潰されるだけだった

ぼくのメンタルとプライドが

 

くそ!!!!くそ!!!!

おれだって!!!!やれる!!!!!!!

なんて

もう一度

純度と密度を取り戻す

 

そうか、

これがぼくのインプットだ

 

 

 

伊達に神曲たちに

メンタルぶっ殺されてない

 

今日も世界では

天才たちが神曲を生み出す

おれだって、生んでやる

結婚について割と本気出して考えてみた

結婚のメリットってなに?

となんとなーく

Facebookに投稿したところ

 

ちょっとした議論になっている

反感買ってるよね、、ええけど

やさしく丁寧に説明

諭してくださる方も居ます

でもなぁ、やっぱりことごとく

納得出来ないわ!

 

前提として

こんな論議は暇つぶしです

既にイラっとした方は回れ右で!

この先めっちゃイラッとさせるから!笑

 

暇で仕方ない人か

独身男性の面倒臭くて

理屈っぽいボヤキを

読んだら興奮する変態だけ

読んでくれたらいいと思います

 

 

というわけで

納得できない理由

皆さんから頂いたご意見と共に

説明します!

 

------------

『他人の生き方や価値観と暮らすってのと割と楽しいぞ〜』

『片方の孤独死は避けられるよ』

------------

分からんでもないけど

恋人でよくないか?と思う

 

------------

『人間修行やー。喜び二倍悲しみ半分とかいうでしょう。怒りが倍になることもあるけど、それも含めて、修行なの。』

------------

修行、、?!

 

 

こんな意見ももらった

------------

メリットデメリットで考え始めてしまうと
結婚以前に付き合うって形すらメリットあるか?となってきてしまいます

------------

そう、この話を考えてる時にそれは思った

メリットデメリット、つまり損得で勘定すると

この世の大半の行動はデメリットに満ちている

なんもできひんくなるよな

恋愛なんてデメリットだらけだし

音楽を仕事にするとかも

デメリットだらけだよね笑

 

こういう

損得で勘定できない行為というのは

一言で言うと

「人生を味わうためのスパイス」

なんだろうと思うんよね

ロマンを追う

とか

人生のエンタメ化

と言ってもいい

楽しければやる

そうじゃないなら切る

それでいい

 

こーゆーのは結局

人それぞれの好みによる

ぼくはクラブとか風俗とかに興味ないから一銭も落とさない代わりに

ゲームとか映画とか酒が好きだしそこには金と時間を使う

それと同じように心がときめく方に一生懸命になればいいだけで

今のところ結婚に心がときめかないなら

それはそーゆーことで良いじゃん

 

と、いうことで、自分の中でも決着がつきそうだった、、、、が!

 

 

------------

『いいものよ、後悔はしてない』

『たぶんマリカやる時とかスマブラやる時のグルーヴ感がエモいんだと思います』

『したいと思う女性が現れない限りするもんでもないと思います。そうゆう女性と結婚すればメリットしかないと思うよ。相手次第かとw』

『はるどりくんがそう感じてるうちはまだ自分自身の適齢期ではないということなのかなって思います。』

------------

読ませてもらって、

「ああ、結婚て、損得で考えるんじゃないんだ」

と感じさせてくれるご意見

そして

「したいと思った時に、分かるんだろうな」

と感じさせてくれる

、、、、、

 

チョトマテよ?

やっぱりへんだ。

そう!ずっと感じていた違和感の正体!

これだ

結婚を語る時

みんな感覚的なことを言う

うちの父と母もそうです

 

それが悪いと言う話ではないのです

ただ

ぼくの質問に噛み合ってない

 

 

なんていうか、

恋人関係とか

親友関係みたいな

口約束系ならね

感覚的な考え方

要は

損得関係なく

したけりゃする、でいいと思うんだよ

 

でも結婚ってのは

書面交わして判ついて

国の元に契約を結ぶ

「システム」なわけだ

 

「システム」である以上は

ユーザーに明確なメリットが

あるべきではないのか?

とぼくは考える

 

だから

結婚のメリットは?

と聞くのだが

返ってくるのが噛み合わない答えばかりなんだ

まるで

「大人になればわかるよ」

と諭さんばかりだ

そゆことじゃない!

 

 

 

マジで誤解しないでほしいんだが

結婚を否定してるのではない

だが、

思考停止は大いに批判させていただきたい

言い直した方がええか

 

結婚というシステムにおける

ユーザーのメリットはなに?

 

 

「メリットデメリットを考えてるうちは分かんないよ」

 

というのは

思考に対する抑圧ではないかい?

思考停止することが大人なのか?

どうしても、そうは思えない

 

 

なんかね

結婚システムに対するモヤモヤってあって

当たり前みたいに

「結婚は考えないの?」

って話すんやん?20代も中盤超えたらさ

ぼくも何度もゆーてきたよ

それこそ思考停止で

で、最近でも

プロ独身男性のぼくは

ガンガン言われるんだが

それって喩えるなら(ちょっと違うんだけどさ)ミュージシャンのぼくに素人さんが

「事務所とかに所属しないの?」

って言われるのに、似てる

音楽やる人間は分かると思うけど

事務所所属=ステップアップ

なんてのは幻想なんだよ

事務所所属、というものではなく

どこの会社とどういう契約を結ぶのか

それによるメリットとデメリットは?

というふうに考えないと痛い目を見る

 

そう、

単純に気が合う相手と

気が合う時に一緒に仕事する程度なら

こんなことまで考えなくていいよ

でも、事務所所属、となると

「なんかときめいたから」

「いい会社な気がするから」

という感覚的なことで決めたら…

 

大半が失敗する

ミュージシャン諸君

腐るほどみてきたろ?

 

 

結婚ってシステムに対する

日本人の思考停止感

それと似たにおいがする

 

結局は皆

考えずに飛び込むがゆえ

痛い目を見てる気がするのだ

痛い目を見ることを

悪いことと言う気もないが

怪我しそうなところへわざわざ飛び込む勇気はない

 

 

 

結局ね?

「金銭面でメリットがあるよ」

と言ってもらえたら

ぼくは超納得するよ

それは事実なんだべ?詳しくは知らんけど

 

でも、だれもそれを

主張してこないということは

どういうことだろう。。。

そこがぼくは

ほんのりと恐ろしいです

 

 

異論反論、どんと来てください

繰り返しますが

結婚そのものを否定してはいません

ぼくも、幸せそうな友達の家庭を見ると

いつか自分も好きな人と家族に…と思う

人間ぽい心はあるんです笑

 

 

最後に、一番納得したのはこれ

------------

『いざと言うときに愛する人の責任が取れるか取れないか、かなとも思います。

契約とかの面でも楽になるのは利点だと言えます!

精神的な面では恋人でいるのと変わらないですが、そういうきちんとしたやりとりで正式に家族だと証明出来るのは結婚の良さだと思います』

------------

責任が発生する、させるということ

より大きな責任は

より大きな喜びと

生きがいを呼ぶ

ということをぼくは知ってる

愛を顕在化させる

ということなのかもしれないね

 

なるほどね

 

 

 

 

おまけ

------------

『メリットでするものじゃないよ。アーチストなのに寂しいことを言うね(^o^)』

------------

 

…あ?( ˙-˙ )

SNSなんて所詮は仮面

SNSなんて

仕事じゃなかったら

こんなにやんないよ!

大きな声で言いたい笑

 

大前提としておきたいのは

表現者、アーティストにとっての

SNS活動は

すべて自身の価値を

上げるためのブランディングであり

それを世に広めるための広告活動です

 

 

リアタイで野田洋次郎さんが

Twitterで炎上してますけどw

それに対して

「あなたの発言はあなたの作品の価値を落とす」

とか言われてますけどw

 

何にもわかってないなー

今の大人ってこんなにアホなん?ヤバない?

と言わざるを得ない

 

よーじろーさんはああいう

クソめんどくさくて

半分中2、残りの半分はメンヘラ、

みたいな

マジであんまり友達になりたくないあのキャラ(個人用見解です)を

ネット上で売りにしてるだけで

それが好きだ面白いだ言う

ファンや

信者が

腐るほどおるわけで

 

そういうごく一部の超コア層に

アプローチするためのブランディングとして

SNS活動があるわけだ

話が難しいか笑

 

要はSNSに芸能人が書くことは

まるっきり嘘じゃないだろうけど

作り物だしパフォーマンスだぞ?

ということを分かっときなよと

 

それの一部の揚げ足をとって

なんて非人道的な考え方をするミュージシャンだ!けしからん!

なんてーのはちょっとうん、、、

ナンセンス

 

 

頼むからみんな

もっとメディアを疑ってくれよ?

SNSは半分くらい作り物、だとしたら

テレビなんて9割以上作り物なんだよ

あたりめーだろ

考えりゃわかんだろ

 

 

いやこないだウチの父が

若者のコロナへの危機感がない、舐めすぎてめ呆れる!

年寄りはどうなってもええっていうのか!

って激おこしてたんで

 

「ぼくの周りの若い人たちは少なくとも

仕事(エンタメ業)的に直接打撃を食らってる人が多いからか

コロナを舐めてるひとは全然いないよ」

 

と話すと

 

「それはちょっと安心、ニュースの街頭インタビューだと、舐めた若者ばかりで…」

 

いや、ちょ、待てよと(キムタク風)

 

頼むからテレビの情報

鵜呑みにするのやめて!!!笑

 

テレビはさ

視聴率が第一なんだから

面白い番組作るよね

数字のためなら平気で情報操作するさ

考えたらわかんじゃん、、、

普通の会社だよ、、、?

 

 

で、まあ、

話は戻りますけど

 

要するにさ

アーティストが人前に出してるキャラクターとかってのは

その人のごくごく一部の氷山の一角なわけよ

 

それだけを見て

この人はこーゆー人、とか判断するのは

あまりにも見方が浅すぎやしませんかと

 

例えば、例えばね?

ぼくのことを

どーゆーやつか判断したかったら

SNSの文章だけじゃなくて

曲を10曲くらいは聴いて

その上で「最近のはるちゃんはツマラン!けしからん!」

とか言うならまぁ、

それは面白い見方だなとなるわけだ

 

 

SNS

「濃厚接触しーたいんだー」

とか歌をあげたら

ギャンッギャンにフォロワーも登録者も減ったんやけど

ほんま、フォロー外す奴らって

浅はかだよな!な?!

ほんまにおれが

エロいことしか考えてないって

おもてるんやろ?!

なわけねーだろ!

じょーだんやん!!!

シャレやん!!!!!

 

あんなの本気で言ってないから!

濃厚接触とかしたくないから!

おれそう言うの無理やし!

そもそも童貞やし!

 

 

 

おいそこの

「え、、、まじ?引くんですけど」

って顔したオマエ!!!

 

信じるなよ!!!!!

かんたんに!!!!!

人を!!!!!!笑

あ、ミュートしてもブロックしても全然いいよ

近しい人の意見やアドバイス

心配の声とかなんとかほど

気を付けなきゃいけない

時には耳を閉じなければいけない

 

その人たちは

「ぼくが他人に嫌われること」を

何より恐れる

世間からはみ出て

孤独になって

いま好きで居てくれる人が

離れていくのではないかと恐れる

 

「普通であること」を

何より願う

普通に生きていきたいなら

それは最重要事項にも

入ってくることかもしれない

けど

 

芸術、

アート、

表現をやる人間、ぼくらにとって

「嫌われることを心配する声」は

まさしく猛毒だ

 

 

ぼくらは

はみ出てナンボなんだ

人と違わないと埋もれる

人と同じだとあらゆる意味で死んでしまう

 

「好きなことを仕事にする」のは

そういうことなんだ

「他人から嫌われないこと」

を気にしていたら

本当に好きなことを発信するなんて

出来るわけないやろ?

 

「好きなことをやるからこそ味方が要る」

それも聞き飽きた正論だよな

 

でもぼくはもう分かったんだよ

 

ぼくのことを

「嫌いじゃない」

程度の仲間は

これまでも大勢いた

 

でもきっとその人たちは

本当の意味では「味方」じゃない

味方ってのは、

嫌いじゃない

程度じゃなれないんだよ

 

ぼくも

嫌いじゃない

程度の人に対して

その人が困ってる時に積極的に

手を差し伸べるかというと

微妙、、と言わざるをえない

 

愛されなければ

大勢に

そう考え続けてきた人生

 

その答えは実は真逆だったと思う

嫌われなければいけなかった

邪悪で卑劣で醜悪な

自分の本質をさらけ出してでも

ぼくが大事にしたい人やモノと

本気のコミュニケーションを

しなければならなかった

それが現時点での結論だ

 

大好きな人やモノほど

大嫌いな部分を

憎らしい部分を

内包してるんだ

本気でぶつかり合うことが

本当に愛することか

まだよくわからないけれど

今のぼくにはそれしか出来ない

きっと今までもずっとそうだったのだ

人生の中で本気でケンカをしたのは

大切で大切でたまらない人とだけだ

 

 

何度も書くけれど

このブログに書き散らしてる

クソみたいな言葉どもは

紛れもなくぼくの本質だ

これでも、ホンマに書いたらあかんことは弁えてるし、よそ行きにしてる方だよ笑

 

これを読んで誰かに嫌われるなら

「何で嫌なやつだ」と思われるなら

別にそれはそれでいいんだよ

ほんの少しの人でも

「よく言ってくれた」って

思う人が居たら

そっちを大事にしたいし

それに

ぶっちゃけ

「好きでも嫌いでもない」

限りなく無関心に近い状態より

嫌われてる方がまだマシだよ

 

だってさー

ぼくを嫌う人って

その間ぼくのことすげー考えてるやん

嬉しいよ笑

 

それに

そーゆー人って

ぼくが結果出したら

手のひら返すんだよ

 

いますこーしずつ

SNSでもクソな自分を

解禁してるけどさ

嫌われる人数より

興味持ってくる人数の方が

多いよ

たぶんこんな奴でも

YouTubeの登録者もうすぐ1万だし

 

「結果を出してる人の、はみ出してる部分」

ってのは

価値あるものに一瞬で変わる

 

「この人キモい」

から

「この人すごい」

に変わる

 

呆れた話だけどほんとそんなもんだ

だからさぁ

ぶっちゃけもう

嫌われても避けられても逃げられても

ぜんぜん構わない

 

本気には本気が返ってくる

それだけを信じて

ただ、本気で在ろう

 

 

「嫌われることを心配する声」は

まさしく猛毒だ

と書いたけれど

実は、大ヒントでもある

 

ぼくらははみ出てナンボだから

普通の人が心配することこそ

ぼくらにとっては王道だ

なーに

犯罪さえしなきゃいいよ

周りが止める時ほど

水を得た魚のように

好きに思うままに進もうよ